熊崎敬 新着記事

29959_ext_03_0.jpg

大逆転劇の鍵は「12番目の選手たち」。浦和サポーター有志が敗れた柏戦後にとった行動とは?

[ACL準々決勝2ndレグ]浦和 4-1 川崎/9月13日/埼玉  浦和にとってはホームで2-0が最低条件だったのだから、奇跡と呼ぶのは大げさだろう。川崎側から見れば、ほとんど自滅。車屋が無意味な行... 続きを読む

29559_ext_03_0.jpg

【蹴球日本を考える】J2屈指の陣容誇る名古屋にも怯まない“面倒なチーム”。水戸がホームで負けないワケ

 J2中位とはいえ、ホームの水戸は侮れない。今季ホーム開幕戦で湘南に敗れたものの、その後は無敗。この名古屋戦も勝点3は逃したが、巧みな試合運びでホームでの連続不敗を14試合に伸ばした。【PHOT... 続きを読む

29497_ext_03_0.jpg

【蹴球日本を考える】勝利の瞬間、脳裏に浮かんだのは4年前のコロンビア人たちの声だった

 さすがにもう追いつかれることはないだろう――。 3分のアディッショナルタイム、その瞬間を待つばかりとなった埼スタで、私の脳裏に浮かんだのは2014年のワールドカップで対戦したコロンビア人たちの... 続きを読む

29161_ext_03_0.jpg

【蹴球日本を考える】浦和を翻弄した川崎の駆け引きの巧さ。とりわけ光った中村憲剛の機転

 気温29度、湿度87%。記者席に座っているだけでも息苦しいのだから、選手はかなりしんどかったと思う。そしてアジアのベスト4に大きく前進したのは、暑さの中で効率のいいプレーを見せた川崎だった。【... 続きを読む

29057_ext_03_0.jpg

【蹴球日本を考える】世論が試合を動かす!? Jでは珍しい東京サポーターが起こした行動

 優勝候補に挙げられながら中位に埋没。両者の課題が浮き彫りとなった一戦だった。  浦和と東京に共通する課題は、ゲームをしっかりと組み立てられないということだ。  浦和はボール支配を志向しながらも、逆... 続きを読む

28517_ext_03_0.jpg

【蹴球日本を考える】血気盛んなポドルスキの存在感とブラジル人の痛快な股抜き

 いつもはアウェーゴール裏に空席が目立つ日立台・柏サッカー場での神戸戦だが、この夜は満員となった。言うまでもなく、ポドルスキ効果である。【柏3-1神戸 PHOTO】ホーム柏が後半3得点で逆転勝利!... 続きを読む

28045_ext_03_0.jpg

【蹴球日本を考える】レドミ、J復帰戦で存在感! 合流3週間でも高質なパスを供給できるワケ

 いい選手というのはファンをあまり待たせることなく、すぐに結果を出すものだ。2年ぶりのJリーグ復帰となったレアンドロ・ドミンゲスが、横浜FCでのデビュー戦で早速、健在ぶりを示した。  3位を走る長... 続きを読む

27670_ext_03_0.jpg

【蹴球日本を考える】浦和に善戦した新潟。小石を積み上げるようなゲーム作りは実を結ぶか?

 負けてしまっては意味がないかもしれないが、浦和戦の新潟はなかなかいい試合をしたと思う。  浦和とのJ1対戦成績は1勝5分け22敗。 これだけ負け越している相手から勝点を取ろうと思ったら、まずは動... 続きを読む

27405_ext_03_0.jpg

【蹴球日本を考える】名古屋との大一番を制した湘南に起きた変化。毎年の主力移籍に耐える術とは

 湘南が昇格争いのライバル、名古屋との大一番を制し、4連勝を飾った。  曺体制6年目の湘南は、過去5年間とは異なるカラーが見える。それは手堅い試合運びだ。過去3試合は1-0の完封勝ち。この日も2-... 続きを読む

26951_ext_03_0.jpg

【蹴球日本を考える】12戦ぶり黒星も… 好調京都を率いる布部監督が柏時代に師匠から学んだもの

 終了間際の失点によって、4月15日から続けてきた連続無敗記録は11試合(5勝6分け)でストップ。だが、首位争いを演じる湘南との一戦で、京都はこの2か月の好調が偶然ではないことを印象づけた。  こ... 続きを読む

26824_ext_03_0.jpg

心と身体の強さが光った本田圭佑。ミランで出番のない背番号4が輝けた理由とは

[ロシアワールドカップ・アジア最終予選]日本 1-1 イラク/6月13日/PASスタジアム 引き分けに終わったイラク戦は果たして勝点2を失ったのか、それとも勝点1を掴み取ったのか。  先制しながら追い... 続きを読む

26622_ext_03_0.jpg

【蹴球日本を考える】相手の力量が見えていれば山口や長友、倉田のような守備はあり得ない

 1週間後のイラク戦は、負けなければよしとすべきかもしれない――。1-1で引き分けたシリア戦は、そう思わざるを得ないほど冴えなかった。  前半の日本は攻守に後手を踏み、シリアに主導権を握られた。 ... 続きを読む

26491_ext_03_0.jpg

【蹴球日本を考える】首位・柏の若手有望株を成長させる綱渡りの試合運びと日立台の臨場感

 現在、準々決勝が行なわれているU-20ワールドカップで、私は韓国人の声と韓国代表のプレースタイルの関係についての原稿を書いた。「韓国人はなにかと大音声で絶叫する。この声の圧力が、前への踏み込み... 続きを読む

26305_ext_03_0.jpg

【U-20W杯で考える】決定機数では日本が上。それでも明白だったベネズエラとの差とは?

 2007年以来、5大会ぶりとなる日本のU-20ワールドカップは、ベスト16で幕を閉じた。  グループステージは3位通過、決勝トーナメントも完封負けしたことを考えると、好成績とは言えない。 だが、... 続きを読む

26258_ext_03_0.jpg

【U-20W杯で考える】危険な両翼に警戒せよ! 充実のベネズエラに日本はどう戦う?

 日本が決勝トーナメント1回戦で激突するベネズエラは、3戦全勝、10得点・無失点と安定した戦いでグループBを勝ち上がった。ちなみに南米予選では3位だったが、王者ウルグアイに唯一の黒星をつけたのも... 続きを読む

サッカーダイジェストの最新号

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24