「学生時代はずっと弱いチームにいた」伊東純也がベルギー王者となって凱旋帰国! 来季CLで最も対戦したい相手は?

カテゴリ:海外日本人

熊崎敬

2019年05月26日

小学校以来の優勝を掴む。そして来季はCLへの出場も

シーズンを終えて帰国後、インタビューに応じた伊東。優勝の喜びを語ってくれた。写真:岡村智明

画像を見る

 今年2月、柏レイソルからベルギーのゲンクに移籍した伊東純也が5月22日、ベルギー・チャンピオンになって日本に凱旋した。
 
 サッカー選手にとってタイトルは大切な勲章。とりわけ海外では、選手の価値は獲得したタイトルによって決まると考えられている。
 
 このことで思い出す選手がいる。
 川崎時代のヴェルディと鹿島アントラーズで優勝請負人となったビスマルクだ。ゴール後の十字ポーズで人気になったブラジル人は、試合後に話を聞きに行くと、いつも日本語で自分が獲得したタイトルを挙げていた。
「これだけタイトルを持っているのだから、自分はとても価値のある選手だ」と言いたいのだ。
 
 さて、移籍1年目でのリーグ優勝を、伊東は心から喜んでいた。
「8年ぶりの優勝が決まって、街の人たちはちょっとヤバいくらい騒いでいました。2日間、シャンパンとビールを飲みまくりですもん。びっくりしました」
 
 狂喜乱舞する街の人々、それだけがうれしかった理由ではない。伊東にとっては、これがプロ初のタイトルだったからだ。
 
「ぼくが加入したとき、すでにチームは首位だったので、これで優勝できなかったら……という重圧はちょっとあったかな。だから安心したところもあるんですけど、なにより優勝できたというのがうれしくて。だってぼく、プロはもちろん、子どものころからほとんど優勝したことがないですから」
 
「優勝……いつ以来かなあ」と言って、伊東は遠い目をして考え込む。
 

伊東が生まれ育った横須賀の風景。坂道の多い街で自然と足腰が鍛えられたという。写真:岡村智明

画像を見る

「レイソルでもヴァンフォーレでも優勝したことはないし、大学もいいところまで行ったことはあっても、結局勝てなかった。高校も中学も弱かったなあ。小学校のころは……。あれ? あったかも。それでも地元横須賀の、三浦半島大会みたいなものですよ。でも、一度勝ったくらいかな。いずれにしろ、学生時代はずっと弱いチームにいたから、優勝経験がほとんどない。だから、やっぱり優勝っていいなあと思ったんです」
 
 移籍1年目で優勝した伊東には、来季大きな楽しみが待っている。チャンピオンズ・リーグだ。
「強いチームがいっぱい出てるイメージですね。対戦できるなら全部対戦したいくらいですけど、ひとつ挙げるならバルサですね。ぼくは相手を見て緊張したりしませんが、メッシだけは特別。だれが見たってすごいじゃないですか。一度、一緒のピッチに立ちたいですね」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月5日発売
    欧州サッカーの1年を凝縮!
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の保存版をお届け
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト6月27日号
    6月13日発売
    久保建英は欧州へ旅立つ?
    「夏の㊙移籍ファイル」
    テーマ別に総チェック!
    大宮&大分特集も必見
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月19日発売
    2019-2020シーズンは
    この布陣で戦え!
    メガ14クラブ「最強モデル」
    第2特集は“リバプールに学べ”
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ