【バイタルエリアの仕事人】Vol.8 仙頭啓矢|オンリーワンな選手になりたい!「敵だけど勉強になる」というJの名手は?

カテゴリ:特集

長沼敏行(サッカーダイジェストWeb編集部)

2021年08月31日

「こうしろ」と教えられたというよりは、自分でいろいろ考えてサッカーを楽しんできた

攻撃センスあふれるプレーを見せる仙頭。創造性やアイデアを駆使しながら、楽しみながらサッカーをしてきたという。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 攻守の重要局面となる「バイタルエリア」で輝く選手たちのサッカー観に迫る連載インタビューシリーズ「バイタルエリアの仕事人」。第8回は、今季好調のサガン鳥栖を牽引する仙頭啓矢だ。前編では、“新境地”となるボランチへの挑戦とバイタルエリアを攻略する楽しさやこれからの課題について語ってくれたが、後編ではさらにその思考や流儀を深く掘り下げていく。

 少年時代から自身の創造性やアイデアを尊重してくれる指導を受けてきたという仙頭。その攻撃センス溢れるプレーは、いかにして研ぎ澄まされてきたのか。そこには「バイタルエリア」に対する意識も大きく関わっていたようだ。

――◆――◆――

「バイタルエリア」という言葉や概念については、もう小学校の時から教わったというか、自然と認識していたところはありますね。自分もその重要性というのは、いろんな指導者の方から教えを受ける中で意識してきましたし、そこに対してのサッカーの面白味を感じてきました。

 攻撃の選手だったら、まずはバイタルエリアでどんな仕事ができるか、もちろんゴール前でシュートを決めるのもそうですが、相手が密集しているライン間、いわゆるハーフスペースでは360度の視野が必要ですし、そのなかでどんな仕事ができるのかが選手のクオリティ。そこで活躍できてこそ価値がある選手だと思うし、そういう意味では小さい時から自分自身こだわってというか、意識してきたエリアです。

 自分は1.5列目とかトップ下のポジションをずっとやってきていたので、指導者の方にもバイタルエリアで何ができるかが、今後上のカテゴリーで自分の価値を上げるために重要だと言われていました。

 そこで相手の守備を崩すためのスルーパスだったり、ミドルシュートだったり、あるいはループでパスを出したり。自分のアイデアや感覚的なプレーが身に付いたと思います。ただ、僕は本当に指導者に恵まれてきたと思っていて、どの指導者の方からもいろいろ学びましたが、基本はどの人も自由にやらせてくれた。僕の創造性やアイデアを尊重してくれて、「こうしろ」と教えられたというよりは、自分でいろいろ考えてサッカーを楽しんできた印象です。

 相手を翻弄したり、裏をかいたりするのが好きで、そういう感覚でプレーをして、サッカーが楽しめたからこそ、いろいろ身についた部分もあるのかなと思います。

 めちゃめちゃフィジカルでがっつり削ってくるような相手でも、フェイントでいなしたり股を抜いてパスを出したりというのは楽しいし、フィジカルでは勝てなくてもそういう技術で勝てるというのがサッカーの面白いところ。自分もそこまで身体は大きくなくて、足も速くなかったし、技術やアイデアという部分で勝負してきたので、そこはひとつのサッカーの魅力だなと思いながらプレーしてきました。楽しむというのはすごく大事だなと思います。
 
【関連記事】
【バイタルエリアの仕事人】Vol.8 仙頭啓矢|好調鳥栖を牽引! 生粋のアタッカーがボランチ転向で見えた景色
【バイタルエリアの仕事人】vol.3 柿谷曜一朗|日本屈指のテクニシャンが明かす“仕事ができる選手”の共通点とは?
【バイタルエリアの仕事人】vol.3 柿谷曜一朗|ナニワの天才が語る最重要エリアの魅力。手本にしている選手は…
【バイタルエリアの仕事人】vol.6 玉田圭司|「ミスしても全然いい」大事なのは自信を失わず、やり続けること
【バイタルエリアの仕事人】vol.6 玉田圭司|“遊び心”ある今季初ゴール。「僕としては良い心理状況だった」
【バイタルエリアの仕事人】vol.7 山田直輝|「湘南で名を刻まないといけない」盟友・梅崎司との別れ
【バイタルエリアの仕事人】vol.7 山田直輝|「湘南にとっても、自分にとっても勝負の年」31歳で芽生えた責任感
【バイタルエリアの仕事人】vol.4 江坂 任|明確な指針を与えてくれたオルンガと衝撃を受けたチームメイト。追求する理想像とは?
【バイタルエリアの仕事人】Vol.4 江坂 任|日韓戦で待望の代表デビュー!「本能的にプレーしていた」アタッカーに訪れたプロ入り後の転機
【バイタルエリアの仕事人】vol.5 川辺 駿|「一切無駄がなかった」広島の司令塔が語った理想の形と苦境との向き合い方
【バイタルエリアの仕事人】vol.5 川辺 駿|代表定着を志すボランチが、影響を受けたレジェンドたち… 対戦相手でも凄みを感じたのは?
【バイタルエリアの仕事人】vol.1 遠藤保仁|日本を代表する司令塔は攻守の重要局面で何を見ているのか?
【バイタルエリアの仕事人】vol.1 遠藤保仁|稀代のゲームメーカーが“賢い”と唸る名手たち。なぜ彼らは輝けるのか?
【バイタルエリアの仕事人】vol.2 市川大祐|現役高校生で日本代表に選出。世界を知るクロスの名手が指導者として伝えたいこととは――。
【バイタルエリアの仕事人】vol.2 市川大祐|サイドのスペシャリストから見た最重要エリアの活かし方、防ぎ方とは?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ恒例企画
    1月26日発売
    2023年度版
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    各スカッドの期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月19日発売
    欧州ビッグクラブ
    「強化戦略2023」
    アルゼンチン代表特集に
    キング・ペレ追悼企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ