【バイタルエリアの仕事人】Vol.8 仙頭啓矢|好調鳥栖を牽引! 生粋のアタッカーがボランチ転向で見えた景色

カテゴリ:特集

長沼敏行(サッカーダイジェストWeb)

2021年08月30日

良い立ち位置を取りながら、組織として戦っていくサッカーは自分にも合っている

今季鳥栖に加入し、チームの好調を支える仙頭。攻撃の起点として存在感を発揮している。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 サッカーにおける攻守の重要局面となる「バイタルエリア」。ゴールや失点にダイレクトに関係してくる、“勝負の肝”となるスペースをいかに攻略するか、いかに死守するかは、多くのチームにとって不偏のテーマだろう。そんな「バイタルエリア」で眩い輝きを放つ選手たちのサッカー観に迫る連載インタビューシリーズ「バイタルエリアの仕事人」。第8回は、今季開幕前にサガン鳥栖に新天地を求めた仙頭啓矢だ。高校サッカーファンなら、京都橘高のエースとして知る人も多いだろう。

 その仙頭が加入した鳥栖が好調だ。昨シーズンの勝ち星(7勝)に5つの勝利をすでに上積みし、ゴール数も昨季の37得点に迫る35得点。ACL出場圏内の3位を窺う好位置につけて健闘を見せている。仙頭は全26試合に出場し、24試合に先発。チームの好調を支えるひとりだ。

 しかし、生粋のアタッカーだった彼は今季、ポジションをやや下げてボランチを定位置として戦っている。これまでゴールに関わるプレーを主な仕事としてきた仙頭はどんなイメージを持ってシーズンを戦っているのだろうか。

――◆――◆――

 今シーズンは攻守両面でやるべきことがチームに浸透していますね。とくに攻撃面では、チャンスを数多く作って確実にゴールまで運んでいくという作業の中で、後ろからしっかりビルドアップして最後に決める選手、特にFWがよりゴールに近い位置へ入ることだったり、ゴールが取れる確率の高いシチュエーションだったりを多く作り出せている。それが(昨年より)得点が増えている要因なのかなと思います。

 今季加入する前から鳥栖のサッカーはけっこう見ていました。実際にオファーいただいてからは、自分がこのチームで何ができるのかを考えながら過ごして、その中で自分に求められていることも認識していたので、キャンプの時からすんなり入れましたね。

 サガン鳥栖は戦術がしっかりしている印象で、自分たちがボールを握るというところからスタートして、攻守において自分たちからアクションを起こすサッカーを展開しているイメージを持っていました。「ポジショナルプレー」などと言われますが、やはり自分たちが良い立ち位置を取りながら、組織として戦っていくサッカーですね。

 僕自身、個人的に身体能力がすごく高かったり、足が速かったりするわけではないので、相手より早く良いポジションをとって、その優位性を意識しているので、そういう面では自分にも合っているサッカーだなと思います。
 
【関連記事】
【バイタルエリアの仕事人】vol.1 遠藤保仁|日本を代表する司令塔は攻守の重要局面で何を見ているのか?
【バイタルエリアの仕事人】vol.2 市川大祐|現役高校生で日本代表に選出。世界を知るクロスの名手が指導者として伝えたいこととは――。
【バイタルエリアの仕事人】vol.3 柿谷曜一朗|ナニワの天才が語る最重要エリアの魅力。手本にしている選手は…
【バイタルエリアの仕事人】vol.4 江坂 任|明確な指針を与えてくれたオルンガと衝撃を受けたチームメイト。追求する理想像とは?
【バイタルエリアの仕事人】vol.5 川辺 駿|代表定着を志すボランチが、影響を受けたレジェンドたち… 対戦相手でも凄みを感じたのは?
【バイタルエリアの仕事人】vol.6 玉田圭司|“遊び心”ある今季初ゴール。「僕としては良い心理状況だった」
【バイタルエリアの仕事人】vol.7 山田直輝|「湘南にとっても、自分にとっても勝負の年」31歳で芽生えた責任感

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ