【遠藤保仁セレクト】J1・500試合の中から本人が選ぶ「記憶に残る5つのゲーム」

カテゴリ:Jリーグ

高村美砂

2015年10月23日

チームの消滅、J2降格……。プロ人生の始まりは順風満帆には程遠かった。

J1第2ステージ14節・G大阪対浦和戦で、遠藤はJ1通算500試合出場を達成。家族も観戦に訪れ、試合前には子どもたちと記念撮影も行なった。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 
 遠藤保仁は2015年10月19日に行なわれたJ1第2ステージ14節・G大阪対浦和戦で、Jリーグ史上4人目タイとなる「J1通算500試合出場」を達成した。プロとなってから足掛け18年目。その大半の試合で先発出場したなかでたどり着いた偉業だった。
 
 1998年、鹿児島実高を卒業した遠藤は、横浜フリューゲルス(横浜F)でプロサッカー選手としてのキャリアをスタートした。当時の監督はカルロス・レシャック氏。現役時代にはスペイン代表としても活躍した氏に見出され、ルーキーながらJリーグ開幕戦・横浜Fマリノス戦(以下、横浜FM)ですぐさまプロデビューを飾った。
 
 “横浜ダービー”とあって、横浜国際陸上競技場に集まった観衆は5万2083人。満員に膨れ上がったスタジアムの真ん中で、興奮を覚えながらプレーし、その楽しさを実感したことが、今日まで続く長いプロ生活の礎になったという。
 
「まだまだ力は足りていなかったとは思うけど、開幕戦を戦い『ああ、こういうことか』と。プロとして戦うことの責任や楽しさ……いろんな想いをあの1試合で全部、一気に感じ取ることができたからね。それによって『ここで自分は戦い続けるんだ』という覚悟を持てたし、以降、プロ1年目のシーズンは半分くらいリーグ戦に出場して、その想いはより強くなった。そう考えても、あの1年目は僕にとってすごく大きかった。当時、フリューゲルスに在籍したスペシャルな選手たちと一緒にサッカーができたのも、最高の刺激だったしね。ただ……そこからJ1で500試合も出場するなんて、想像もしていなかったけど」

 事実、遠藤のプロサッカー人生は、そこから始まる未来を容易に描けるほど順風満帆ではなかった。プロ1年目の終わりに横浜Fの消滅が決まり、チームを追われた彼は京都パープルサンガ(以下、京都)に籍を移した。京都在籍2年目にはJ2降格を経験。三浦知良や朴智星、松井大輔、望月重良ら、錚々たる顔ぶれを揃えながらも結果を残せなかった現実が、彼に改めて『勝つ』ことの意味を考えさせた。
【関連記事】
【J1採点&寸評】G大阪×浦和|先発の井手口、途中出場の長沢が存在感。遠藤も2ゴールに絡み、G大阪が因縁の一戦を制す
【浦和】G大阪戦後の“ある質問”に阿部勇樹が激怒。「正直、頭に来た」
【G大阪】J1通算500試合出場の遠藤保仁が「楢崎越え」を誓う。「フリューゲルス時代の先輩に負けないように頑張る」
【J1採点&寸評】川崎×G大阪|代表DFを翻弄した中野のドリブルは圧巻。2ゴールの大久保が宇佐美を抜いて得点ランクトップに
【G大阪】川崎戦で岩下敬輔とパトリックが一触即発。「小競り合いの真相」を当事者の岩下が語る
【名古屋】自責の守護神・楢﨑正剛――成長を促し続けてきた“過剰すぎる”責任感
【中澤佑二セレクト】J1・500試合の中から本人が選ぶ「思い出深き5つのゲーム」
【ナビスコカップ速報】遠藤の絶妙FKと藤春のダメ押し弾で勝負あり! G大阪が史上4クラブ目の「大会連覇」に王手
【川崎】波紋を呼ぶ大久保嘉人の「“冤罪”退場劇」。中村憲剛も「説明は受けたけど、到底理解できない」と主審を痛罵

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト10月10日号
    9月26日発売
    全4135選手!
    都道府県別
    Jリーガー
    輩出ランキング
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月17日発売
    欧州81クラブの
    最新スタイルを総点検
    「戦術&キーマン」
    完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ