• トップ
  • ニュース一覧
  • 【G大阪】J1通算500試合出場の遠藤保仁が「楢崎越え」を誓う。「フリューゲルス時代の先輩に負けないように頑張る」

【G大阪】J1通算500試合出場の遠藤保仁が「楢崎越え」を誓う。「フリューゲルス時代の先輩に負けないように頑張る」

カテゴリ:Jリーグ

2015年10月17日

「長沢だけに合わせた」のコメントに滲み出たキックへの自信。

J1通算500試合出場を達成した遠藤は、2得点に絡んでメモリアルマッチに華を添えた。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 
 これぞキックの名手というアシストだった。
 
 G大阪が1点リードで迎えた59分、セットプレーのキッカーは遠藤保仁。浦和のエリア付近で両軍が入り乱れるなか、背番号7の正確無比なパスから途中出場の長沢駿が頭で合わせた。結果的にこれが決勝弾となり、G大阪は2-1で勝利を収めたのだ。
 
 この試合でJ1通算500試合出場を飾った遠藤は、FKの場面についてこう振り返る。
 
「フェイントをかけた時の状況で決めようと思っていたので、(事前には)なにも考えていなかった。一回フェイントをかけた時に、長沢の動きも見えた。ちょうど良い角度とスピードで入って来たので、あれは長沢だけに合わせて蹴った。1点目同様、多分、(長沢が)触らなくても入っていたと思う。あれだけ高い選手がいるとターゲットにもしやすい」
 
「長沢だけに合わせた」「触らなくても入っていたと思う」の言葉に、キックへの自信とベテランの矜持が滲み出ていた。
 
 浦和戦ではパトリックや倉田秋を出場停止で欠き、遠藤はトップ下でフル出場。「今までもやっていたので、特に問題はなかった」と序盤からチャンスに絡み、開始7分には阿部浩之のクロスに飛び込むと、直接触りこそしなかったが、ボールはそのままゴール左隅へ。ボランチからトップ下にポジションを変えても、状況を見極める判断力と急所を見抜く嗅覚は群を抜いていた。
 
 終わって見れば、遠藤は全2得点に絡む活躍で勝利に貢献。自らのメモリアルマッチに花を添える形となった。
【関連記事】
【J1採点&寸評】G大阪×浦和|先発の井手口、途中出場の長沢が存在感。遠藤も2ゴールに絡み、G大阪が因縁の一戦を制す
【J1速報】遠藤がJ1通算500試合出場。大黒柱の記録達成に花を添えたG大阪が、チャンピオンシップ出場に大きく前進
【J1採点&寸評】清水×仙台|一人ひとりの頑張りがチームに還元されない清水。最後まで噛み合わずJ2降格が決定。
【J1速報】王国・清水のクラブ史上初のJ2降格が決定。新潟が残留へ大きく近付く1勝を挙げる
【J1速報】豊田、鎌田の投入も実らず…。鳥栖が名古屋を圧倒するもスコアレスドロー
【浦和】G大阪戦後の“ある質問”に阿部勇樹が激怒。「正直、頭に来た」
【川崎】波紋を呼ぶ大久保嘉人の「“冤罪”退場劇」。中村憲剛も「説明は受けたけど、到底理解できない」と主審を痛罵

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ