【浦和】G大阪戦後の“ある質問”に阿部勇樹が激怒。「正直、頭に来た」

カテゴリ:Jリーグ

2015年10月17日

阿部の唇は怒りでかすかに震え、足早にその場を去ってバスへ――。

試合後のミックスゾーンで投げかけられた質問が、阿部の導火線に火を付けた。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 
 G大阪戦後、浦和の阿部勇樹は珍しく怒りを露わにした。その原因は試合後の“ある質問”にある。
 
 G大阪に1-2で敗れた浦和は、第2ステージ優勝から遠のき、年間順位でも1位から2位に後退。近年の終盤戦でチームが失速傾向にある事実を踏まえ、テレビ取材でこんな質問が飛んだのだ。
 
――チームは終盤戦になると下降線を辿るなか、今季もまた下降線に入っていると思いますが、現状をどう思っていますか。
 
 それまで冷静に試合を振り返っていた阿部が、一瞬「え?」という表情を浮かべ、「ちょっともう一度いいですか」と聞き返す。同じ趣旨の質問を再び投げかけられると、顔色を変えて語気を強めた。
 
「別にそう(下降線に入っていると)は思っていないし、そう思われる方がいっぱいいてもいいんじゃないでしょうか。それを覆していくのが僕たちなので」
 
 唇は怒りでかすかに震えていた。この直後、足早にその場を去ってバスへと向かう。歩きながら、今度は記者陣に胸中を明かした。
 
「(ああやって)言われると燃えるし、あの質問は正直、頭に来た。でも、それを覆すのが僕たちの責任だと思うので、しっかりプレーで見せないといけない。そういうプライドもあるので」
 
 その後はG大阪戦の内容について語り、徐々に穏やかな口調へと戻っていく。一度は溜飲が下がったかに見えたが、やはり“あの質問”が心のどこかに引っかかっていたのだろう。そこから“頭に来た理由”を一気に語り出したのだ。
【関連記事】
【J1採点&寸評】G大阪×浦和|先発の井手口、途中出場の長沢が存在感。遠藤も2ゴールに絡み、G大阪が因縁の一戦を制す
【J1速報】守護神・山岸の再三の好セーブも生かせず、山形が残留へ致命的な敗戦…
【J1速報】王国・清水のクラブ史上初のJ2降格が決定。新潟が残留へ大きく近付く1勝を挙げる
【J1速報】試合終了間際に山岸が劇的決勝弾! 貴重な勝点3を手にした広島が年間1位に再浮上
【J1採点&寸評】清水×仙台|一人ひとりの頑張りがチームに還元されない清水。最後まで噛み合わずJ2降格が決定。
【G大阪】J1通算500試合出場の遠藤保仁が「楢崎越え」を誓う。「フリューゲルス時代の先輩に負けないように頑張る」
【J1速報】遠藤がJ1通算500試合出場。大黒柱の記録達成に花を添えたG大阪が、チャンピオンシップ出場に大きく前進
【川崎】波紋を呼ぶ大久保嘉人の「“冤罪”退場劇」。中村憲剛も「説明は受けたけど、到底理解できない」と主審を痛罵

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ