• トップ
  • ニュース一覧
  • 【ナビスコカップ速報】遠藤の絶妙FKと藤春のダメ押し弾で勝負あり! G大阪が史上4クラブ目の「大会連覇」に王手

【ナビスコカップ速報】遠藤の絶妙FKと藤春のダメ押し弾で勝負あり! G大阪が史上4クラブ目の「大会連覇」に王手

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2015年10月11日

2戦合計3-2でG大阪が勝利。新潟は最後まで決定打が遠く…。

0-0で迎えた57分、ゴール手前約20メートルのFKを冷静に沈めてG大阪が先制。終盤にも追加点を奪い、G大阪が勝利を収めた。(C)J.LEAGUE PHOTOS

画像を見る

 
 Jリーグのヤマザキナビスコカップ準決勝第2戦、G大阪対新潟戦が10月11日に行なわれ、遠藤のFKと藤春のダメ押し弾でG大阪が2-0と勝利。2戦合計3-2でG大阪が同31日の決勝(13時・埼スタ)へ進出し、大会連覇に王手をかけた。一方、史上初の準決勝進出を果たした新潟だったが、惜しくもベスト4で姿を消した。
 
 準決勝第1戦(10月7日)は、ホームの新潟が2-1で勝利を収め、新潟優位の状況で第2戦を迎える。連戦が続くG大阪は、代表組(宇佐美、米倉、丹羽、東口)が不在のなかで迎えた第1戦に遠藤、今野、パトリック、阿部を帯同させず、岩下もベンチスタートと休ませたが、第2戦ではベストメンバーでスタートした。
 
 G大阪は序盤から素早いボール奪取を狙い、左SBの藤春やサイドハーフの二川らを中心に、遅攻と速攻を織り交ぜながら打開を図る。対する新潟は、最終ラインと中盤でコンパクトな2ブロックを形成し、堅守からの速攻を狙う。一進一退の攻防が続くなか、ともに要所でチャンスを作り出すもフィニッシュの精度を欠いて決定打に至らない。
 
 後半、最初にカードを切ったのはG大阪。53分、今野に代わって井手口をボランチで投入すると、直後の57分にはゴール手前約20メートルのFKを遠藤が鮮やかに決めてG大阪が先制する(直後、二川に代わって大森を起用)。決勝進出に勝利か引き分けが必要となる新潟は62分、右MFで先発したルーキーの平松に代えて、第1戦で決勝点のラファエル・シルバを投入し、反撃に打って出る。
 
【関連記事】
【G大阪】川崎戦で岩下敬輔とパトリックが一触即発。「小競り合いの真相」を当事者の岩下が語る
【J1採点&寸評】川崎×G大阪|代表DFを翻弄した中野のドリブルは圧巻。2ゴールの大久保が宇佐美を抜いて得点ランクトップに
【ナビスコカップ準決勝】新潟がR・シルバの劇的弾でG大阪を相手に先勝!
【J1採点】甲府×新潟|互いに決め手を欠き、下位対決は勝点1ずつを分け合う
【川崎】大久保嘉人と中村憲剛が絶賛した大卒ルーキーの「中野嘉大」。代表DF米倉を手玉に取ったドリブルは一見の価値あり

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ