マルコ・パソット 新着記事

ミラン番記者の現地発・本田圭佑「わざと6位に入らないようにしている? 邪魔ばかりするオーナー、プレーも姿勢も二流の選手たち……全てが微妙で不確定なミラン」

 自分の運命が、他人によって決まる。これほど情けないことはないだろう。  ミランがヨーロッパリーグ(EL)に出場できる最後のポストである6位に入れるかどうかを知るのに、サッスオーロの結果を待たなけ... 続きを読む

ミラン番記者の現地発・本田圭佑「血迷った上層部、ブザマなチーム、怒るファン……悪夢のシーズンの後のミラン、そして本田の動向は?」

 帝国の終焉――。  こう書くと、何やらスター・ウォーズの新エピソードのようだが、残念ながらそんな楽しい話ではない。ミランの「ベルルスコーニ帝国」の話だ。  この帝国は、シルビオ・ベルルスコーニが株... 続きを読む

ミラン番記者の現地発・本田圭佑「混乱の極みにあるミランで唯一褒められる本田」

 このカオス(混沌)の世界へようこそ!  連載を始めて2年強、すでに何度も「現在のミランは混乱している」と書いてきた。しかし、これほどの混沌はいまだかつて見たことがない…&helli... 続きを読む

ミラン番記者の現地発・本田圭佑「ブロッキ新監督の下でバックアッパーに降格…。再び這い上がれるか?」

「みんなブラボー!」  4月17日のサンプドリア戦で久々の勝利を得たあと、マリオ・バロテッリがこんなコメントと共に1枚の写真を自身の『インスタグラム』にアップした。そこに写っていたのはマリオの他に... 続きを読む

ミラン番記者の現地発・本田圭佑「ブロッキ新監督就任ですべてが激変。場合によっては悪童バロテッリもライバルに?」

 まさに青天の霹靂だった。ミランのオーナーであるシルビオ・ベルルスコーニが、数か月前から指揮官のシニシャ・ミハイロビッチに愛想を尽かしていたことは、もはや誰にとっても周知の事実だった。  とはいえ... 続きを読む

ミラン番記者の現地発・本田圭佑「ミハイロビッチ監督は背番号10の復帰を待ち望んでいる」

 ドラマチックにも悲しいことに、状況は1年前とまるで同じになってしまった。今のミランには希望もなければ、現状に抗う力もない。いま一度再起し、今シーズンを尊厳ある形で終わらせる兆候が、まるで見られ... 続きを読む

ミラン番記者の現地発・本田圭佑「昨シーズンとのデータ比較で分かる現在の本田の凄さ」

 本田圭佑のミランでの冒険を追っていると、まるでジェットコースターにでも乗っているような気分になる。  だんだんと上昇し、頂点に達したかと思うと、今度は急降下、そしてまた突然の上昇が始まる&hel... 続きを読む

ミラン番記者の現地発・本田圭佑「本田と同じ“態度”を他の選手も取れたなら……」

 最終的な確認が必要ならば、ここではっきりさせておこう。  今シーズンのミランは「6位」のチームだ。  一番重要な、ここぞという時にも調子を上げることができなかったし、他のチームが躓いたことで順位を... 続きを読む

ミラン番記者の現地発・本田圭佑「全ては濃い霧のなか……ミランと本田に漂う不安」

 暗闇は続き、多くの疑問が濃い霧のように立ち込める。  ミランの話をしていても、本田圭佑の話をしていても、結局はこの言葉に帰ってくる。  ミランに何が起こっているのか?――  それにしても今シーズン、... 続きを読む

ミラン番記者の現地発・本田圭佑「急浮上した契約延長の可能性。逆に破談ならクラブは今夏の売却を視野に入れるはずだ」

 3月6日のセリエA28節でサッスオーロに0-2で敗れたことで、ミランはデシマ(10回目)を達成することができなかった。【サッスオーロ 2-0 ミラン】試合レポート デシマ(10回目)といっても、も... 続きを読む

ミラン番記者の現地発・本田圭佑「今のケイスケはチーム、監督、サポーターに“安心”を与えている」

 これまでも折あるごとに触れてきたが、本田圭佑とミランの好不調の波はシンクロする。本田が良ければミランも良いし、ミランが好調なら本田も好調なのだ。  2月27日のトリノ戦でも本田は相変わらず攻守で... 続きを読む

ミラン番記者の現地発・本田圭佑「追い上げでCLを目指すチームには、本田のような“不屈の男”が不可欠だ」

 外国語を習得する時に必要なのは、1に勉強、2に勉強、3に勉強だ。そして、本当の意味でそれを自分のものにするには、現地に行って実体験を積み重ねていくしかない。  2月22日のナポリ戦(セリエA26... 続きを読む

ミラン番記者の現地発・本田圭佑「自らが渇望していたゴールをついに――。今や誰もがケイスケに夢中だ」

 物語のタイトルは「みんなケイスケに夢中」。そんなところだろうか。  しかし、どこかで見たようなストーリーだ。それもそもはず、すでにこの物語はシーズン3に突入している。そしてこのドラマは毎回、ほぼ... 続きを読む

ミラン番記者の現地発・本田圭佑「主力に返り咲いたのは事実。ただ、夏に向けて残留濃厚とは言い切れない」

 本田圭佑は戦術の中心にも、監督の構想の中にも戻ってきた。つまり紆余曲折を経て、再びミランで主力の座を掴み取ったのだ。  その明確な証拠を、2月7日のウディネーゼ戦で見ることができた。この一戦でシ... 続きを読む

ミラン番記者の現地発・本田圭佑「活躍とは裏腹に、ミハイロビッチとの関係は冷めきったまま。“舌戦”はこれからも……」

 本田圭佑とシニシャ・ミハイロビッチ――。腹の底でお互いをどう思っているのか、実際に確認することは至極困難だ。  しかし、2人が大親友になることはまずないだろう。そうなるには二人はあまりにも違いす... 続きを読む

サッカーダイジェストの最新号

ページトップへ