ミラン番記者の現地発・本田圭佑「今のケイスケはチーム、監督、サポーターに“安心”を与えている」

カテゴリ:連載・コラム

マルコ・パソット

2016年03月01日

ついに本田とミハイロビッチもシンクロし始めた。

2月27日のトリノ戦ではセリエAで6試合連続のフル出場。本田は攻守に渡って貢献した。写真:Alberto LINGRIA

画像を見る

 これまでも折あるごとに触れてきたが、本田圭佑とミランの好不調の波はシンクロする。本田が良ければミランも良いし、ミランが好調なら本田も好調なのだ。
 
 2月27日のトリノ戦でも本田は相変わらず攻守でハイパフォーマンスを見せ、実際にミランは1-0で勝利。翌日にインテルがユベントスに敗れたため、5位インテルとの勝点差を1まで縮めている。
 
 単なる偶然と言えなくもないが、これだけ何度も続けば偶然だけで片付けるのは不自然だろう。本田の安定感は、チームに伝染し、仲間の動きをスムーズにするのだ。
 
 しかもここにきて、本田のシンクロは新たな段階に入ってきている。今度はシニシャ・ミハイロビッチ監督との運命も交錯し始めているのだ。
 
 本田がスタメンに返り咲いて以来(17節のフロジノーネ戦)、指揮官の運勢も上向きになってきている。この一戦で12試合ぶりに先発した本田は、50分にイニャツィオ・アバーテの同点ゴールをアシスト。このままフル出場し、4-2の逆転勝利に貢献している。
 
 正確に言えば、フロジノーネ戦の後に18節のボローニャ戦を落としているので、ミハイロビッチにとっての本当の分岐点ではないが、それでもフロジノーネ戦がミランに激震を起こしたのは確かであり、その主役の一人は間違いなく本田だった。
 
 もう少し前まで時間を巻き戻してみれば、よく分かるだろう。今からほんの2、3か月前のミランのプレーは、それは酷いものだった。プレースタイルも闘志も欠片すらなかったのだ。
 
 どうしたらチームを機能させられるか、どうしたら中位から抜け出せるのか、解決策を見つけられずにいたミハイロビッチは、まさに首の皮一枚で繋がっている状態だった。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ