ミラン番記者の現地発・本田圭佑「追い上げでCLを目指すチームには、本田のような“不屈の男”が不可欠だ」

カテゴリ:連載・コラム

マルコ・パソット

2016年02月25日

現在のミランはいわば“労働者のチーム”だ。

2月22日のナポリ戦でセリエA10試合連続のスタメン出場を果たした本田。守備の仕事をしっかり全うし、さらにクロスで同点弾を演出した。写真:Alberto LINGRIA

画像を見る

 外国語を習得する時に必要なのは、1に勉強、2に勉強、3に勉強だ。そして、本当の意味でそれを自分のものにするには、現地に行って実体験を積み重ねていくしかない。
 
 2月22日のナポリ戦(セリエA26節)は、本田圭佑にとってまさにその集大成と言える試合だった。イタリアに来てからサイドでの守備を学び始めて2年、その努力の結果が見事に現われた試合だったからだ。
 
 イタリアに来た外国人選手は、口を揃えてこんなことを言うものだ。
 
「セリエAはもう世界一素晴らしいリーグではないかもしれない。しかし、世界中のどこを探してもこれほど戦術にこだわるリーグはない」
 
 ほぼ80分間に渡って一方的に攻められながらも、ミランが1-1の引き分けでピッチを後にできたのは、明確な戦術の下で完璧な守備をしたからに他ならない。
 
「常にピッチとプレーの主役たれ」をモットーとするオーナーのシルビオ・ベルルスコーニにとっては、あるいはお気に召さない内容だったかもしれない。
 
 しかし今のミランは、世界を席巻した1980年代後半から1990年代初頭の“グランデ・ミラン”とは違う。当時のミランが“王者のチーム”であるとすれば、現在のミランはいわば“労働者のチーム”だ。スタイルなぞ気にしている余裕はなく、イタリア・サッカーのトップクラスに、そしてヨーロッパ・カップ戦に返り咲こうと必死でもがいている最中なのだ。
 
 だから、ナポリのようにゴンサロ・イグアインやマレク・ハムシクなどメガクラブでも十分に主力を張りうる実力者を擁するチームに蹴散らされても、決して不思議ではない。実際、昨年10月4日の7節には本拠地サン・シーロで0-4の大敗を喫している。
 
 しかし、この日のミランは、ミラネッロ(ミランのトレーニングセンター)で練習した通りのプレーメカニズム(ディフェンスの仕方やカウンターの仕掛けた方)を地道に遂行し、タレント力でもチーム力でも上回る相手から勝点1をもぎとったのだ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ