ミラン番記者の現地発・本田圭佑「ブロッキ新監督の下でバックアッパーに降格…。再び這い上がれるか?」

カテゴリ:連載・コラム

マルコ・パソット

2016年04月20日

ブロッキ・ミランのトップ下はボナベントゥーラだった。

4月17日のサンプドリア戦でベンチスタートだった本田。結局、ブロッキ新監督の初陣で出番は与えられなかった。写真:Alberto LINGRIA

画像を見る

「みんなブラボー!」
 
 4月17日のサンプドリア戦で久々の勝利を得たあと、マリオ・バロテッリがこんなコメントと共に1枚の写真を自身の『インスタグラム』にアップした。そこに写っていたのはマリオの他に、ジェレミー・メネーズ、クリスティアン・サパタ、カルロス・バッカ、そして本田圭佑。ただほかのメンバーが満面の笑みでピースする中、本田は微笑んでいるものの、表情に力がなかった。
 
 それもその筈、5試合でたった勝点2と低調極まりなかったチームが勝利を取り戻したことは確かに嬉しかったろうが、彼個人としては「ブラボー!」という状況ではなかったのだから。4月12日にシニシャ・ミハイロビッチからクリスティアン・ブロッキに監督が代わって以降、本人がミラネッロ(ミランの練習場)で感じていた懸念が、現実となってしまったのだ。
 
 ブロッキが導入した4-3-1-2システムには、本田の入り込む場所がなかった。新監督での初陣で、背番号10は試合を通じてベンチを温めたのだ。そして今のところ、翌節のカルピ戦(4月21日)も同じ状況に置かれそうだ。
 
 大方の予想通り、ブロッキ・ミランにおけるトレクアルティスタ(トップ下)は、ジャコモ・ボナベントゥーラだった。ミハイロビッチが今シーズン序盤に同じく4-3-1-2を使っていた時も、彼は本田の一番のライバルだった。
 
 しかし、今回のサンプドリア戦で私は、ある確信を得た。「ボナベントゥーラはトレクアルティスタのタイプではない」、ということだ。なぜならこのポジションに必要な“タイミングの感覚”を、このイタリア人MFは持ち合わせていないからだ。インサイドハーフもしくはウイング/サイドハーフのほうが、ボナベントゥーラの特性をより活かしやすい。
 
 サンプドリア戦の71分に決まったカルロス・バッカの決勝点が、その好例だ。このゴールをアシストしたのは他ならぬボナベントゥーラだったが、彼はこの時に中央ではなく右サイドに位置。ドリブルで相手DF2人を抜き去って、バッカに絶妙なグラウンダーのパスを通した。しかし、2人が息の合った連携を見せたのは、このシーンが最初で最後だった。
 
 とはいえ、アシストの場面のドリブル突破が象徴する通り、ボナベントゥーラは本田に比べてボールを持った際の動きが機敏だし、よりテクニカルで予測不可能だ。そのためブロッキはしばらくの間、彼をトレクアルティスタで起用し続けるだろう。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ