【ルーツ探訪】本田圭佑――有言実行の男の原点にある挫折と敗北

カテゴリ:日本代表

安藤隆人

2015年06月18日

あえて試みた先輩との衝突。周囲のサポートで本田の意識にも徐々に変化が。

いまでこそ日本代表で不動の存在となっている本田も、ここまで上り詰める過程では周囲との軋轢も生んできた。高みを目指すために、本音で意見をぶつけるスタイルは高校を卒業後も変わっていない。(C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 実はストイックに打ち込むことに、苦しんだ時期もあった。だが、彼の揺るぎない覚悟が、逃げることを許さなかった。葛藤を繰り返す日々のなか、しかし自由にプレーできる環境を与えられたからこそ、彼はまっすぐ、かつ急速な成長を遂げられたのだ。
 
 2年になるとポジションを左サイドからセンターへ移し、チームの大黒柱としてナンバー10を背負う。ピッチ上での存在感はさらに増し、良く言えば責任感と自覚の表われ、悪く言えば突っ走りすぎている感があり、先輩との衝突は日常茶飯事だった。
 
「打てどまったく響かない時もあって、正直いろいろ悩んだ。本音を出しすぎると、そうなるとは分かっていたけど……。分かっていたんだけど、辛かった」
 
 そう正直に胸の内をさらしたように、精神的な苦しさは1年時よりも大きくなっていた。これがプレーに影響し、存在感をまったく示せない試合もあった。しかし、「自分のプレーだけしていればいいという選手が多かった。でもそれは絶対に違う。勝つために話さなくてはいけないことが絶対にある。それは言うべきだと思っていた」と、本田は自らのスタンスを崩さなかった。
 
 苦しむ彼を救ったのは、同級生だった。当時2年生のレギュラー選手は数多くいて、本田と同じく1年の頃から定位置を射止めたFWの橋本晃司(現・大宮)らが、彼の良き理
解者だった。橋本は思い出す。
 
「圭佑のことは僕らがよく分かっていた。喧嘩もしたけど、最後は笑い合っていた」
 
 サッカー選手の本田と、いち高校生の本田。“ふたりの本田”を同級生たちは受け入れ、決して彼を孤立させなかった。
 
 こうした周りのサポートにより、本田の意識も徐々に変化していった。この年の高校選手権、星稜高は3回戦まで駒を進めるが、迎えた初芝橋本高戦に本田は出場できなかった。累積警告でスタンド観戦を余儀なくされたのだ。司令塔を欠いたチームは2-2からPK戦の末に敗れ、3回戦で姿を消した。
 
「悔しかったけど、スタンドから試合を観たことで、仲間への信頼感の大切さを改めて学ぶことができた」
 
 サッカーはひとりではどうすることもできないと、改めて強く感じた。彼の意識はよりチームに、そして勝利に向けられていった。
【関連記事】
【ルーツ探訪】テネリフェ移籍が決定した柴崎岳が貫く“ぶれない信念”の原点とは
86年組の意地――本田、長友、岡崎らはいかにして日本代表の中核を成していったのか?
【連載】ミラン番記者の現地発・本田圭佑「本田のミランへの貢献度をデータで計ってみよう」
【連載】ミラン番記者の現地発・本田圭佑「ベルルスコーニ・オーナーが本田をミランに残したい理由とは?」
【岩本輝雄の日本代表ぶった斬り】長友、香川にダメ出し。先制点の本田は高評価
【藤田俊哉の目】解消されなかった“渋滞”。本田や長谷部がピッチ上での交通整理をすべき!
【日本代表】本田が求める「臨機応変」さ
【韓国メディアの反応】スコアレスドローに驚きを示しつつ、韓国との“共通の悩み”に言及

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 唯一無二の決定版!
    2月15日発売
    2024 J1&J2&J3
    選手名鑑
    60クラブを完全網羅!
    データ満載のNo.1名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ新シーズン開幕!
    2月9日発売
    2024年シーズン
    Jリーグ開幕ガイド
    順位予想や開幕戦の見どころ、
    主役候補たちを徹底チェック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 恒例企画!
    2月15日発売
    2023-2024
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    82クラブのシーズン確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ