【ルーツ探訪】本田圭佑――有言実行の男の原点にある挫折と敗北

カテゴリ:日本代表

安藤隆人

2015年06月18日

G大阪ユースに昇格できず、その帰り道に父は言った――。

いまや日本代表にとって不可欠な存在となった本田だが、その原点には挫折を受け入れ進化の糧とする少年時代があった。写真:田中研治

画像を見る

 有言実行――。
 
 本田圭佑という男の人生は、このひと言に凝縮される。1986年6月13日、大阪府摂津市で生を受けた彼が、こうした信念を貫くことができたのは、挫折を味わった中学時代と、大きな成長を遂げた高校時代が大きなベースとなっていた。
 
――◆――◆――
 
 小学校時代の本田は左足のキックを武器に、メキメキと頭角を現わしていった。摂津FCは全国大会に出られるような強豪ではなかったが、彼はひとりで試合を決定づけてしまう、まさにエースだった。本田は当時のことをこう振り返っている。
「小学校の時は上手い選手とやれる機会が少なかったし、地域レベルの相手だったら当然のように自分の思うようなプレーができた。『俺が一番』って環境だった」
 
 本田少年は、まさに“王様”だった。そして、「プロサッカー選手になり、世界でプレーをしたい」と、夢を膨らませていく。
 
 壮大な夢を持って、彼は関西のエリートが集結する名門のガンバ大阪ジュニアユースの門を叩いた。ところが、そこで待っていたのは、厳しい現実だった。
 
「関西の上手い奴がいっぱい集まってきていて、戸惑った。家長(昭博/現・大宮)もそのひとり。別に自分が負けているとは思わなかったけど、少なくとも確実に『俺が一番だ』って言える状況ではなかった」
 
 本田の前には常に家長の存在があった。普段は親友と言える仲だったが、ピッチに立てば妥協なく競い合い、常に周囲から同じ左利きでもある家長と比較される日々が続いた。
 
「俺は周りにどう言われようと関係なかった。プロになることだけを考えて、そのために妥協しないでプレーをする。そのことだけを意識し続けていた」
 
 しかし、その熱い想いとは裏腹に、本田の評価はなかなか上がらなかった。苛立ちが募り、当時の監督だった島田貴裕(現G大阪スクールマスター)に意見することもあったが、「後ろを向いても意味がないし、ふてくされても意味がない。常に前を向いて、自分の次のステップに向けて、常に前向きにプレーしろ」という島田からの言葉を胸に、練習に励んだ。
 
 本田の良さは、強い意思と行動力だけではない。たとえ不満や苛立ちが募っても、人の話には必ず耳を傾けてきた。そして、必要だと感じれば素直に取り入れる、そんな自らを客観的に捉える目も持っていた。本田は当時を思い出す。
 
「あの頃は、四六時中、燃えたぎっていたからね(笑)」 強烈な反骨心と、置かれた現状を受け入れる冷静さを併せ持った本田は、その時点である明確な目標を持っていた。
 
「プロになるためには、いろんなスカウトマンや関係者にプレーを見られないといけないと思っていた。そのためには、注目度の高い高校選手権に出て活躍しなければいけない。だから選手権に出られる高校に進もうと考えていた」
 
 実はG大阪ジュニアユースに籍を置いたばかりの頃から、ユース昇格ではなく、高校でのプレーを思い描いていたと言う。
 
「中1の頃から、もう高校に行くと決めていた。たとえユースに来いと言われてもね。俺は高校サッカーを見て育ったし、高校で一番上手い選手になれば、絶対にプロになれる、というイメージがあったから」
 
 選手権へのこだわりを表わす、こんなエピソードもある。
 
 彼が中学1年で、G大阪ジュニアユースのスタッフが選手たちを集め、将来について話をしている時だった。「ユースに上がって、プロを目指したい人は手を挙げて」と問われると、本田と家長だけが手を挙げなかったという。結果的に、本田はユースに昇格できなかった。ただ、ユース昇格を果たした家長も、最後の最後まで滝川二高に進学するかどうか悩んでいたそうだ。
 
 中学1年の頃から本田は、明確な将来像を持っていた。だからこそ、3年になってユースに昇格できないという事実を伝えられても動じなかった。
 
 ユースに昇格できないことは、三者面談で告げられた。クラブ関係者から「残念だが昇格できない」と伝えられた時、本田によると、「いつもは明るい父親(司)も、そこではなにも言わなかった。『はい、分かりました。ありがとうございました』みたいな感じで終わったんですよね」。
 
 しかし、その帰り道のことだった。
「父から『お前、見返さなくちゃいけないよ』って言われたんです」
【関連記事】
【ルーツ探訪】テネリフェ移籍が決定した柴崎岳が貫く“ぶれない信念”の原点とは
86年組の意地――本田、長友、岡崎らはいかにして日本代表の中核を成していったのか?
【連載】ミラン番記者の現地発・本田圭佑「本田のミランへの貢献度をデータで計ってみよう」
【連載】ミラン番記者の現地発・本田圭佑「ベルルスコーニ・オーナーが本田をミランに残したい理由とは?」
【岩本輝雄の日本代表ぶった斬り】長友、香川にダメ出し。先制点の本田は高評価
【藤田俊哉の目】解消されなかった“渋滞”。本田や長谷部がピッチ上での交通整理をすべき!
【日本代表】本田が求める「臨機応変」さ
【韓国メディアの反応】スコアレスドローに驚きを示しつつ、韓国との“共通の悩み”に言及

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ恒例企画
    1月26日発売
    2023年度版
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    各スカッドの期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ