【ルーツ探訪】本田圭佑――有言実行の男の原点にある挫折と敗北

カテゴリ:日本代表

安藤隆人

2015年06月18日

「挫折した分を取り返すために毎日必死にやっていた」星稜入学後の1年間。

星稜高では3年連続で選手権に出場。プロのスカウトの目に留まろうと、並々ならぬ決意で大会に臨んだ。(C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 ちょうど、新チームの左サイドがウイークポイントだったこともあり、河崎は迷わず本田の受け入れを決めた。ちなみに、その練習試合のあと、河崎が「君、いいキックを持っているね」と伝えると、本田は「あれくらい、いつもできますよ」とさらっと言ってのけたそうだ。河崎は想起する。
 
「それに、圭佑のようなキャラクターは石川にはいなかったので、面白いなとも思ったんです。ただ、ちょっと生意気だなとは思いましたけれどね(笑)」
 
 本田は自らの力で、星稜行きの扉を開いたのだった。
 
 入学すると、とことんサッカーにのめり込んでいった。ただ、本田は背水の覚悟で、自らとも戦っていた。
 
「自分で決断した道だし、行動に責任が伴うのは当然。これでプロにならずに大阪に帰るなんてことは、絶対に考えられなかった。だから本当にハングリーだった」
 
 1年の頃からレギュラーを掴み、左サイドのキーマンとしてメキメキと力を付けていった。G大阪ジュニアユースで味わった悔しさをバネに、意欲的に練習に取り組む日々。そして、ひとたびピッチに立つと、先輩に対しても構わず厳しい指示を出す。
 
 これには当初、周囲も戸惑いを隠せなかったが、それが本田自身の覚悟の裏返しであることを理解していた河崎は、ピッチ上で異彩を放つ1年生レフティのやり方を否定しなかった。本田は言う。
 
「河崎先生は大阪体育大の出身で、大阪人の考えも分かってくれた。『良いところを思い切り出せ』と言ってくれたから、俺は好きなようにやらせてもらえた。周りや監督にガンガン意見を言ってね」
 
 チームは全日本ユースで準優勝を果たすと、優勝候補の一角として高校選手権に出場。待ちに待った「プロへのアピールの場」だ。しかし星稜高は、初戦で高知高に0-1で敗れてしまう……。
 
「サッカーの厳しさを痛感した。やっぱりここで勝たないと、プロ行きなんてないな、と。もっと厳しさを持って練習して、もっともっと活躍しないとダメだと分かった」
 
 実力的にも、意識的にも、大きく成長した1年だった。本人も「高1の時が、いろいろな意味で一番伸びた時期だったかもしれない。挫折した分を取り返すために、毎日必死にやっていたから。もう一度、自分で自分を盛り返せた1年だった」と振り返っている。
【関連記事】
【ルーツ探訪】テネリフェ移籍が決定した柴崎岳が貫く“ぶれない信念”の原点とは
86年組の意地――本田、長友、岡崎らはいかにして日本代表の中核を成していったのか?
【連載】ミラン番記者の現地発・本田圭佑「本田のミランへの貢献度をデータで計ってみよう」
【連載】ミラン番記者の現地発・本田圭佑「ベルルスコーニ・オーナーが本田をミランに残したい理由とは?」
【岩本輝雄の日本代表ぶった斬り】長友、香川にダメ出し。先制点の本田は高評価
【藤田俊哉の目】解消されなかった“渋滞”。本田や長谷部がピッチ上での交通整理をすべき!
【日本代表】本田が求める「臨機応変」さ
【韓国メディアの反応】スコアレスドローに驚きを示しつつ、韓国との“共通の悩み”に言及

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 唯一無二の決定版!
    2月15日発売
    2024 J1&J2&J3
    選手名鑑
    60クラブを完全網羅!
    データ満載のNo.1名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ新シーズン開幕!
    2月9日発売
    2024年シーズン
    Jリーグ開幕ガイド
    順位予想や開幕戦の見どころ、
    主役候補たちを徹底チェック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 恒例企画!
    2月15日発売
    2023-2024
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    82クラブのシーズン確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ