【日本代表】本田が求める「臨機応変」さ

カテゴリ:日本代表

五十嵐創(サッカーダイジェスト)

2015年06月17日

裏のスペースを消され、”いつもの日本”に逆戻り。

右サイドでタメを作り、7本のシュートを放った本田だが、ゴールは遠かった。写真:サッカーダイジェスト

画像を見る

 ワールドカップ・アジア2次予選でホームにシンガポールを迎えた日本代表は、まさかのスコアレスドローに終わった。予想どおりに相手が引いて守りを固めるなか、本田は右ウイングでプレー。身体を張って起点を作り、右SBの酒井宏やボランチ柴崎の攻撃参加を促したがゴールは遠かった。
 
 日本代表は少なくとも5つ以上の決定機を作っており、攻撃が機能していなかったわけではない。本田自身も、CKに合わせたヘッドや直接FKであわやという場面を作った。それでもゴールを決められなかったのは、なぜか。本田は、「ふたつの側面がある」と言う。
 
「自分たちも誰かが個人的に決めるとかしないといけなかったけど、簡単(に防げるよう)なシュートばかり打ったわけではなかった。それを向こうがしっかり抑えた。自分たちが悪かったのと、向こうの良かったのが重なった試合だったと思います」
 
 人数をかけて中央を固めるシンガポールの守備は集中力が高く、GKマフブトも当たっていた。試合終盤はカウンターの芽すら捨てて、10人で自陣ゴール前を固めている。勝点1を狙い、それを完遂したシンガポールを「祝福したい」(本田)というのも分かる話だ。
 
 ただ、引いた相手を崩し切れないのは、日本代表の積年の課題でもある。過去のワールドカップ予選でも、先日のアジアカップでも、ベタ引きの相手に常に苦労してきた。それは今回のシンガポール戦も同じだ。ハリルホジッチ監督の就任以降、縦に速いサッカーを志向していたが、シンガポールに裏のスペースを消されると、中央に人数が偏りがちな“いつもの日本”に戻っていた。
【関連記事】
【連載】ミラン番記者の現地発・本田圭佑「新生ミランを率いるミハイロビッチとはどんな監督か?」
【藤田俊哉の目】解消されなかった“渋滞”。本田や長谷部がピッチ上での交通整理をすべき!
【日本代表】金田喜稔がシンガポール戦を一刀両断!|むしろ今後のメンバー争いが楽しみに
【サッカーダイジェストの視点】またも陥った“ポゼッション自滅”。1年前のギリシャ戦から時間は止まったままだ
【識者の視点】今後の代表強化にも影を落とすシンガポール戦のドローが持つ意味
【日本 対 シンガポール】サッカーダイジェスト取材記者の採点&寸評
【セルジオ越後の天国と地獄】選手たちはまるで高校生。猫がネズミに怖気づいた試合だったね

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト 最終登録メンバーを網羅!
    11月18日発売
    最終確定版!!
    カタール・ワールドカップ
    出場32か国
    選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    11月5日発売
    稀代のファンタジスタ
    中村俊輔
    引退特集号
    特大ポスター付き
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 3年ぶりのJ1制覇!!
    11月10日発売
    J1優勝特集
    横浜F・マリノス
    喜田&水沼対談に
    J1 BEST PLAYERSも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月1日発売
    カタールW杯出場組が主役に!
    冬の移籍市場
    徹底リサーチ2023
    恒例卓上カレンダー付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ