【連載】ミラン番記者の現地発・本田圭佑「ベルルスコーニ・オーナーが本田をミランに残したい理由とは?」

カテゴリ:メガクラブ

マルコ・パソット

2015年05月27日

先行き不透明なミランが動き出すのは州選挙後の6月1日以降。

新時代のミランの象徴ともいえるオフィス「カーサ・ミラン」の1周年イベントが先日、フランコ・バレージ(中央)といったクラブのレジェンドを招いて盛大に行なわれたが、実際のミランは現在、全てが不透明の状態にある。 (C) Getty Images

画像を見る

 サン・シーロでの今シーズン最後の試合で、ミランはトリノに3-0で勝利した。
 
 しかし、ミランにはもう何も目指すものはない。遅かれ早かれミランがこういう境遇に陥ることは以前から分かっていたが、それでもやはり虚しさは残る。
 
 おまけに今のミランは、次の監督も、組織としての未来も不明なのだ……。
 
 現在、シルビオ・ベルルスコーニ・オーナーは、『フォルッツァ・イタリア』の党首として選挙活動に余念がない――こちらの方でもあまり芳しい成果は上がっていない――。そのため、株売却問題においても進展はあまりない。
 
 ビー・テチャウボン氏はタイと中国とアラブ首長国連邦の間を忙しく飛び回っているし、バックに中国政府が付いている中国系コンソーシアムも、今のところは(少なくとも表向きには)静かだ。
 
 州選挙の投票日は5月31日。この日を過ぎれば、ベルルスコーニ・オーナーはまた多くの時間をミランのために避けるようになる。全ては6月1日に再始動を始めるということだろう。
 
 しかし、それまでは何もかもが不透明な状態が続く。ベルルスコーニ・オーナーはミランの将来に関する発言を何度も繰り返し、ミラニスタを安心させようと試みているが、結局は今後、ミランの財布を握る人物に決定権があることは分かりきっている。
 
 もうひとつ、ミランが再出発するために欠かせないのは、経験豊かで信頼できる監督の存在だ。ミランはここまで、クラレンス・セードルフ、フィリッポ・インザーギという駆け出しの監督にチームを任せ、立て続けに失敗している――両者の失敗の原因は大きく異なるが、それでも失敗は失敗だ――。
 
 この失敗は、2年連続でミランがひどい結果に終わったというだけでなく、チームの財政にも重くのしかかってきている。両監督の契約はどちらも2016年6月までなので、それまでは彼らに給料を払わなければならないのだ。
 
 ミランはもう、監督で失敗することは絶対に許されない。新シーズンには、確な手腕を持つ、トップクラスのベテラン監督を招聘する必要がある。
 
 レアル・マドリーと決別したばかりのカルロ・アンチェロッティを招くことができれば最高だが、その他にも候補の名前は挙がってきている。ヴィンチェンツォ・モンテッラ(フィオレンティーナ)、ウナイ・エメリ(セビージャ)、アントニオ・コンテ(イタリア代表)、ルチアーノ・スパレッティ(現在フリー)……。
【関連記事】
ホーム最終戦で大勝!! 前節と同じ轍を踏まなかったミラン――ミラン 3-0 トリノ
【連載】ミラン番記者の現地発・本田圭佑「右サイド――本田を輝かせた一方でミランを混乱に陥れたもの」
【連載】ミラン番記者の現地発・本田圭佑「遅すぎた快勝では何も変わらず……クラブも本田も将来は不透明」
【連載】ミラン番記者の現地発・本田圭佑「株式譲渡、ブランド展開、本田…ミランの未来は“アジア”次第」
【連載】ミラン番記者の現地発・本田圭佑「選手、監督、幹部と総入れ替え必至の来季ミラン――その礎となるべきはお世辞抜きで本田だ」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ恒例企画
    1月26日発売
    2023年度版
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    各スカッドの期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ