安藤隆人 新着記事

負傷離脱中に届いた驚きのオファー。鹿島内定の頭脳派CB津久井佳祐が夢のプロ入りを掴むまで。「まさかアントラーズからとは…」【インタビュー】

 強豪・鹿島アントラーズが、関川郁万以来となる高卒CBの獲得を決めた。 昌平高3年のCB津久井佳祐は、身長は180センチと大柄ではないが、鋭い読みと寄せの技術が高く、ガツガツ奪うというよりクレバ... 続きを読む

昌平高からプロ入り――FC東京内定のMF荒井悠汰、鹿島内定のDF津久井佳祐。両クラブのスカウトが明かす獲得の舞台裏

 FC東京内定のMF荒井悠汰、鹿島アントラーズ内定のDF津久井佳祐。9月27日、昌平高校の2人の3年生が、合同でJリーグ加入内定者記者会見を行なった。 会場には両チームのフラッグとマスコット、ユ... 続きを読む

三笘や伊東のように――神戸内定の泉柊椰が偉大なサイドアタッカーになるために、“トップ下”は重要な経由地に

 関西トップクラスのサイドアタッカーであるMF泉柊椰(びわこ成蹊スポーツ大学4年/ヴィッセル神戸内定)が今、ターニングポイントを迎えようとしている。 爆発的なスピードとスムーズな両足のボールタッ... 続きを読む

「ヤットさんは遊び球を使って…」磐田内定の植村洋斗が歴戦のボランチから学んだこと。プレーの緩急に刺激「本当に凄い」

 高校時代から賢い選手だなという印象を受けていた。 早稲田大で3年生ながらも、2024年シーズンからのジュビロ磐田内定を発表したMF植村洋斗。彼は前に出てくるタイミングが秀逸で、かつ強度を持って... 続きを読む

“王様”から“大人”への変化。流通経済大MF熊澤和希はいかにして柏入りを掴んだのか?ネルシーニョ監督は守備面を評価【インタビュー】

 柏レイソル入りが内定した流通経済大のMF熊澤和希。名門・流通経済大柏高では1年生からレギュラーを掴み、高2の時は同級生のCB関川郁万(鹿島)、1学年上のMF菊地泰智(鳥栖)、DF宮本優太(浦和... 続きを読む

川崎への思いは三度、再燃。世代屈指のドリブラー名願斗哉の夢は?「永長選手と共存したい」【インタビュー】

 9月7日、履正社高3年のMF名願斗哉の川崎フロンターレ内定が発表された。 昨年から川崎が獲得に向けて動き出していたという。そんな逸材は、どのようなキャラクターなのか。これまでの歩み、プレーの変... 続きを読む

南米の屈強FWとバチバチのバトル。静岡ユースCB行徳瑛がSBS杯で高めた経験値「日本人と全然違った」

 SBSカップ最終日、静岡ユース対U-18ウルグアイ代表の一戦。この試合で目を引いたのが、静岡ユースのCB行徳瑛とウルグアイのFWジョナタン・レイとの激しいマッチアップだった。 ウルグアイの1ト... 続きを読む

真っ先に声をかけてくれた宮市亮。尊敬する先輩の励ましで奮起した関東学院大FW村上悠緋の野心「得点王を取れるように」

 国士舘大対大阪学院大の決勝(9月4日)となった総理大臣杯。数々のタレントが日本一を目ざして凌ぎを削ったこの大会、2回戦で敗れた関東学院大のエースストライカー村上悠緋は、長期に渡る怪我から復帰し... 続きを読む

明治大の注目ルーキー、“トルメンタの人”林晴己がデビュー弾!「『あの時の高川学園の10番だ』と思われたい」

 昨年度の第100回全国高校サッカー選手権大会において大旋風を巻き起こし、ベスト4に勝ち上がった高川学園。 セットプレーの際にゴール前で数人が手を繋いで渦を巻くように回転し、ボールが蹴り込まれる... 続きを読む

快進撃を続ける新潟医療福祉大のエースストライカー小森飛絢。実力者が揃うJ2千葉でも“ヒーロー”となれるか

 近年メキメキと力をつけ、北信越の新興勢力から『北信越ナンバーワンのタレント集団』と姿を変えた新潟医療福祉大。4大会連続出場の今年の総理大臣杯でも、初戦で関西福祉大に5−1で圧勝し、... 続きを読む

“二刀流”に挑む日大藤沢の森重陽介。198センチのハイタワーは、CBで得た学びと経験をFWに活かす

 198センチの高さを誇る日大藤沢(神奈川)の森重陽介が、和倉ユースサッカーフェスティバルで二刀流をハイレベルでやってのけた。 前半は1トップでターゲットマンとして空中戦、地上戦ともに質の高いポ... 続きを読む

世界選抜を経験した興國の2年生アタッカー千葉大舞。サッカー大国への遠征で受けた刺激「遊び心が凄い」

 10代。多感な時期に何を見て、何を経験し、何を学ぶかで今後の人生は大きく左右される。スポーツの分野でもこれは当てはまり、スポンジのような吸収力を宝の持ち腐れにしないためにも、周りの大人がどのよ... 続きを読む

「小さくてもできる、を示したい」強豪・履正社のゴールを守る“163センチGK”が語る「僕の生きる道」

 今年3月に行なわれたJヴィレッジカップ。全国の強豪Jユース、強豪校、そして日本高校選抜U-17とU-17日本代表が一堂に会した豪華かつハイレベルなそのフェスティバルで、準優勝した履正社(大阪)... 続きを読む

プロ注目の2年生、大津の長身ボランチ碇明日麻。CB挑戦で守備の課題を克服、得意のキックにスカウトたちが熱視線

 真夏の石川県は和倉温泉。8月6日から10日かけて行われた和倉ユースサッカーフェスティバルにおいて、九州の名門・大津高のプロ注目の2年生・碇明日麻がCBでスケールの大きさを見せつけた。 187セ... 続きを読む

【総体】「善!みんな信じているぞ!」仲間のエールに奮起したタイガー軍団の10番、「ごちゃごちゃ考えず」“感謝”の優勝弾!

[インターハイ決勝]帝京0-1前橋育英/7月30日(土)/鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム 周りがずっと背中を押してくれた。だからこそ、絶対にその想いに応えたかった。 帝京(東京... 続きを読む

海外日本人

サッカーダイジェストの最新号

ページトップへ