• トップ
  • ニュース一覧
  • 【韓国メディアの反応】スコアレスドローに驚きを示しつつ、韓国との“共通の悩み”に言及

【韓国メディアの反応】スコアレスドローに驚きを示しつつ、韓国との“共通の悩み”に言及

カテゴリ:日本代表

慎武宏

2015年06月18日

「大事な一戦で、またしても決定力不足という“習慣病”が出てしまった」(総合スポーツニュースサイト『スポーツニュース』)

シンガポールを崩せずスコアレスドローに終わった日本。よもやの結果に、韓国メディアでも驚きの論調が並んだ。写真:サッカーダイジェスト

画像を見る

 2018年ワールドカップ・アジア2次予選で、日本が格下のシンガポールにまさかのスコアレスドローに終わったニュースは、韓国でも大きく報じられている。

【PHOTOギャラリー】日本 0-0 シンガポール
 
「日本サッカー、シンガポール戦で衝撃ドローの混乱」(スポーツ新聞『スポーツ京郷』)
「ホームで154位のシンガポールにドローの屈辱」(総合ニュースメディア『NEWSen』)「日本対シンガポールはドロー、不安定に出発した日本」(一般紙『世界日報』)
など、ほとんどが“驚き”を煽るような見出しを付けている。
 
 内容的にも、「本田、香川、岡崎、長谷部など欧州組を揃えたベストメンバー、さらにはホームだったにもかかわらず、ゴールを奪えずサポーターを失望させた」というニュアンスで共通しているが、一部にはこんな記事もあった。
 
 例えばサッカー専門メディア『FOOTBALLIST』は、「ホームファンから揶揄を受けた日本、Jリーグ発足後としては最悪のスタート」とした記事のなかでこう報じている。
 
「ワールドカップ・アジア予選の初戦で日本が勝利を逃したのは、93年のJリーグ発足後初めて。98年大会、06年大会、10年大会、14年大会のいずれの予選でも、初戦では常に快勝してきた」
 
 総合スポーツニュースサイト『スポーツニュース』は、「平均3.7ゴールだった日本、シンガポールに引き分け」と題し、「ハリルホジッチ監督就任後の3試合で、11得点・1失点という完璧な試合内容を見せてきた日本だが、結果が求められる大事な一戦でまたしても決定力不足という“習慣病”が出てしまった。グループEの顔ぶれを見るかぎり、最終予選進出に問題はないだろうが、会心のスタートを切って“生まれ変わった日本”を見せたかった新指揮官の意図は泡と消えた」と指摘している。
【関連記事】
【編集長コラム】失望の後に変革あり――アジアの現実を知ったハリルホジッチ監督は、最適解を見出せるか?
【日本代表/エリア別検証】大胆さに欠けたボランチが停滞を招いた一因に
【日本代表】金田喜稔がシンガポール戦を一刀両断!|むしろ今後のメンバー争いが楽しみに
【藤田俊哉の目】解消されなかった“渋滞”。本田や長谷部がピッチ上での交通整理をすべき!
【岩本輝雄の日本代表ぶった斬り】クロスの質が低いうえに、中でただ「待っているだけ」ではゴールは奪えない
【サッカーダイジェストの視点】またも陥った“ポゼッション自滅”。1年前のギリシャ戦から時間は止まったままだ
【連載】ミラン番記者の現地発・本田圭佑「新生ミランを率いるミハイロビッチとはどんな監督か?」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ