【日本代表】11月シリーズを前に「全ポジション序列争い」をチェック! 新戦力の金崎や南野が風穴を開けるか

カテゴリ:日本代表

広島由寛(サッカーダイジェストWeb編集部)

2015年11月05日

遠藤が戻り、柏木が再選され、柴崎が外れる。

トップ下の控えではあるが、清武(13番)の実力は香川と比べても決して見劣りはしない。同じく現状はバックアッパーの柏木(19番)とともに、得意のセットプレーでも違いを見せるなどして、攻撃面でのグレードアップを実現させたい。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

【MF】
◎長谷部誠(フランクフルト)/◎山口 蛍(C大阪)/○遠藤 航(湘南)/○柏木陽介(浦和)/◎香川真司(ドルトムント)/○清武弘嗣(ハノーファー)
 
 2ボランチに関しては、長谷部と山口が“鉄板”で、ここに遠藤と柏木がどこまで食い込めるか(遠藤は右SBのバックアッパーとしても計算されている)。
 
 10月シリーズからの変化で言えば、柴崎岳(鹿島)が外れている。柴崎も六反と同じように、“他の選手も見てみたいから”という理由で選ばれなかったようだが、10月13日のイラン戦では、及第点の出来ではあったものの、強烈なインパクトを残すほどでもなかった。それが今回の選出に多少なりとも影響しているのかもしれない。
 
 前回は怪我の遠藤の代わりに、柏木が選出された感がある。そして今回は遠藤が戻ったが、「組み立てに参加してほしい選手」(ハリルホジッチ監督)としてプレーメーカーの柏木が再び選ばれて、同タイプの柴崎が外れている。
 
 指揮官から「もっとトレーニングを続けてほしい」との要望も出された柴崎は危機感を覚えるべきであると同時に、柏木はその評価を高めたと見ていい。セットプレーからの得点率を高めるために、CKのキッカーとしてもその存在は重宝されるだろう。
 
 トップ下は香川が不動。二番手はハノーファーの大黒柱として君臨する清武が控えるが、両者の実力に大きな差はない。現チームのストロングポイントのひとつであり、息の合った連係を見せる両者の同時起用も見てみたいところだ。

※凡例:◎=スタメン候補 ○=準レギュラー △=バックアッパー
【関連記事】
【セルジオ越後の天国と地獄】シンガポールに「リベンジ」って、ハリルは恥ずかしくないのかな。また引き分けたら今度こそ「解任」だよ
【日本代表/会見要旨・選手評編】サプライズ選出の金崎は「センタリングを有効利用できる選手」
【日本代表/編集長の視点】本田と宇佐美の選出は妥当なのか。代表の場に指定席はいらない
【日本代表】W杯アジア2次予選、11月2連戦のメンバーを発表!南野を前回に続き招集、金崎が復帰
【日本代表】約5年振りに代表復帰の金崎。類まれなる積極性で本物のサプライズをもたらすか

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ