【日本代表/編集長の視点】本田と宇佐美の選出は妥当なのか。代表の場に指定席はいらない

カテゴリ:日本代表

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2015年11月05日

本田は10月以降のリーグ5試合で20分程度しか出場していない。

代表では確かに勝負どころで仕事をしている。ただ、ミランでの現状を考えれば本田の招集を見送ってもよかったのではないか。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 11月に行なわれるシンガポール戦とカンボジア戦のメンバーに、なぜ本田は選ばれたのか。
 
 確かに今回のワールドカップ・アジア2次予選の活躍ぶりを振り返れば、本田は不可欠な戦力だ。9月3日のカンボジア戦では思い切りの良いミドルから先制弾を叩き込み、10月8日のシリアとのアウェーゲームではPKで決勝点を決めるなど、勝負どころで大きな仕事をしている。
 
 加えて、現代表メンバーのなかでは誰よりもボールが収まり、攻撃の起点になっている。チュニジアやイラクとの親善試合でもさすがの存在感を示しているのだから、冒頭の疑問は単なる“クレーム”に過ぎないと批判されても致し方ない。
 
 とはいえ、見逃せないのはハリルホジッチ監督のコメントだ。11月5日のメンバー発表会見で、指揮官ははっきりとこう言った。
 
「(就任)1年目はできるだけ新しい選手を見たい。レベルとパフォーマンスが良くなければ、A代表には入れない」
 
 その選出基準に照らし合わせると、本田の招集には疑問符が付く。
 
 なにしろミランではサブ扱いで、10月以降のリーグ5試合で20分程度しか出場していないのだ。4日のナポリ戦が不出場、17日のトリノ戦は88分から、25日のサッスオーロ戦は89分から、28日のキエーボ戦は85分から、11月1日のラツィオ戦は81分から途中出場と、惨憺たるものである。
 
 過去の実績はともかく、クラブで出番に恵まれない選手が代表に相応しいのかと言えば、決してそうではないだろう。実際、ハリルホジッチ監督は、浪人中の川島をコンディション不良という理由でメンバーから外している。
 
 もちろん、川島と本田の状況を同じ土俵では比べられない。クラブに所属中の本田と、無所属の川島では精神的な状態も違うだろう。
 
 ただ、試合勘に不安があるという点で本田は川島とほぼ変わらない。その観点からすれば、今回は本田の招集を見送ってもよかった。ちなみに、今季の出場時間は少ないが、インテルの長友はここにきてマンチーニ監督の信頼を得つつある。
【関連記事】
【日本代表】約5年振りに代表復帰の金崎。類まれなる積極性で本物のサプライズをもたらすか
【日本代表】W杯アジア2次予選、11月2連戦のメンバーを発表!南野を前回に続き招集、金崎が復帰
現地ベテラン記者が香川真司を密着レポート「ドルトムントを支える“魔法のカルテット”にまつわる去就の噂」
【連載】ミラン番記者の現地発・本田圭佑「熱狂的ファンの“リアル”な評価」
現地紙コラムニストが綴る――武藤嘉紀のブンデス挑戦記「ドイツに順応しはじめた武藤。ハットトリックはその証だ」
【ブンデス現地コラム】「清武+ツィーラー+9人の労働者」――ハノーファーが見つけた勝利の方程式
【セルジオ越後の天国と地獄】シンガポールに「リベンジ」って、ハリルは恥ずかしくないのかな。また引き分けたら今度こそ「解任」だよ
【日本代表】11月シリーズを前に「全ポジション序列争い」をチェック! 新戦力の金崎や南野が風穴を開けるか

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ