広島由寛(サッカーダイジェスト) 新着記事

【鹿島】柴崎岳のように? “攻撃のマルチロール”白崎凌兵の最適ポジションを考察

 清水の10番が、今季から鹿島に――。  2019年シーズン、白崎凌兵は日本が誇る常勝軍団に活躍の場を求めた。背番号は41。心機一転、新たなスタートを切る。  1月16日の新体制・新加入選手会見で、... 続きを読む

【鹿島】選手権決勝から”中1日”で合流。注目ルーキー関川郁万の意気込み

 1月16日、J1の鹿島アントラーズが新体制・新加入選手会見を行なった。  注目の高卒ルーキー関川郁万は、同日のトレーニングからチームに合流。2日前の選手権決勝では惜しくも準優勝に終わったが、翌日... 続きを読む

【鹿島】新たに10番を背負うのは? 伝統の3番は? 新シーズンの背番号を発表!

 1月16日、J1の鹿島アントラーズが新体制・新加入選手会見を実施し、2019年シーズンの背番号も発表された。  昨夏の金崎夢生の移籍後、空き番となっていた10番は、30番だった安部裕葵が新たに背... 続きを読む

【横浜】“リトル・アマジュン”に囁かれて――「新10番・天野純」の誕生秘話

 2019年シーズン、空き番となっていたJ1の横浜F・マリノスの10番は、天野純が背負うことになった。  14番を付けていた昨年の夏が終わる頃、天野自らがチームに希望を伝えた。自分自身と向き合い、... 続きを読む

【横浜】揺るぎない覚悟と決意――天野純がトリコロールの“伝統の10番”を背負う

 1月13日に行なわれたJ1の横浜F・マリノスの新体制発表会では、新たなチーム編成とともに、各選手の背番号も発表された。 李忠成は20番、三好康児は41番、マルコス・ジュニオールは9番など、新加... 続きを読む

【横浜】ダジャレ? ノルマ? 仲川輝人の背番号が19から「23」に。その理由とは?

 1月13日、J1の横浜F・マリノスが新体制発表会を実施した。  李忠成や三好康児など新戦力が登壇し、新たなチーム編成と同時に、各選手の背番号も発表された。  天野純が14から10に、喜田拓也が5か... 続きを読む

【横浜|新体制】李忠成や三好康児ほか新戦力は7人! 新10番は? 新たな補強も!?

 1月13日、J1の横浜F・マリノスが新体制発表会を行なった。  2019年シーズンのチームスローガンは、「Brave & Challenging 勇猛果敢」が昨季に引き続いて採用され、年間テー... 続きを読む

【横浜】中澤佑二は“太陽”のような存在――「心に穴が空いた」喜田拓也の心境は?

 新たなシーズンを迎える前の心境として、様々な想いを口にした喜田拓也は、次のようなことも言った。 「なによりも、“大きな存在”がいなくなってしまったので」  大きな存在――先... 続きを読む

【横浜】「川崎よりも上に――」その言葉に、三好康児の“覚悟”を見た

「初日ですか? けっこう自由な感じだったので。またこれから練習が始まって、感じることができればと思います」  1月10日、J1の横浜F・マリノスが始動日を迎えた。初日のトレーニングでは特にメニュー... 続きを読む

【横浜】「日本一を獲りたい」新エース候補・李忠成の並々ならぬ決意

 バッグから取り出したのは、“赤い”ユニホームだった。 1月10日、J1の横浜F・マリノスが2019年シーズンに向けて始動した。トレーニングが終わり、ピッチを後にするある... 続きを読む

【コラム】ビックリマン、安室奈美恵…思い出深き中澤佑二という偉大なるフットボーラー

 2年前のことだ。ロッテの人気菓子「ビックリマン」が中澤佑二とコラボ。おまけのシールで『中澤ロココ』と『BOMBERマリア』という特別キャラクターが生まれた。  Jリーグの試合後、そのメモリアルグ... 続きを読む

【選手権】高校の大先輩・鎌田大地を彷彿とさせる東山の10番、久乘聖亜のポテンシャル

 抜群のキープ力と柔軟なテクニックを駆使し、懐の深いプレーで前線の基準点となる。サイドに開いて正確なクロスも供給。丸岡との1回戦は惜しくもPK戦の末に敗れたが、東山の10番、久乘聖亜は持ち味を随... 続きを読む

【日本代表】自身初のアジアカップを前に“経験者”南野拓実が描く勝ち上がりのイメージ

 自身にとって、アジアカップは初めての大会となる。ただし、カテゴリーは違うとはいえ、“アジアを舞台にした戦い”は、これまで何度も経験してきた。  世代別代表の常連だった南野... 続きを読む

【日本代表】4世代が輪になって賑やかに! 全体練習後の楽しげな“自主トレ”

 12月29日の森保ジャパンの国内キャンプ4日目、全体練習が終わってしばらくすると、ピッチの端で数人が集まり、ちょっとした“自主トレ”が始まる。  ボールを落とさず、お互い... 続きを読む

【日本代表】フランス行きを決意した昌子源に、大迫勇也はかつての自分を重ね合わせて――

 来年1月のアジアカップに向けた森保ジャパンの国内キャンプも、12月29日で4日目を迎えた。  ランニングから始まり、ボール回し、サーキット、攻守に分かれたセクション別練習、ミニゲームといったメニ... 続きを読む

サッカーダイジェストの最新号

ページトップへ