広島由寛(サッカーダイジェストWeb編集部) 新着記事

引退会見の中村俊輔に、代表&クラブでチームメイトの歴戦MFが花束贈呈! 「日本のサッカー界を引っ張っていってください。ついていきます!」

 2022年シーズン限りで現役を退く中村俊輔の引退記者会見が11月10日、横浜市内で行なわれた。 登壇した俊輔は、26年のキャリアの原動力は「上手くなりたい、サッカーが好き、それに尽きる」、現役... 続きを読む

“ファンタジスタ”中村俊輔が引退会見でメッセージ。プロ26年の原動力は「上手くなりたい、サッカーが好き。それに尽きる」

 今季限りで現役を退く中村俊輔の引退記者会見が11月10日、横浜市内で行なわれた。 同会見ではまずヒストリームービーが流れ、三浦知良や小野伸二、川口能活らからのビデオメッセージが届けられる。そし... 続きを読む

「ただ良いプレーをしたいから」。中村俊輔はいつもどおりの“幸せ”を感じながら、ピッチに別れを告げた

 1年でのJ1復帰を決めている横浜FCが、10月23日に行なわれた2022年シーズンの最終節を白星で飾った。アウェーでの熊本戦、一時は1-3と2点のビハインドを背負ったが、怒涛の反撃を見せて4-... 続きを読む

「びっくりしました。嬉しかった」“敵地”でも中村俊輔の引退に労い。本人は試合後に「早くしよ!」の声も

 最後まで、自分らしさを貫いた。 10月23日、J2最終節でロアッソ熊本対横浜FCが、えがお健康スタジアムで開催された。18日に今季限りの引退を表明している横浜FCの中村俊輔にとっては&ldqu... 続きを読む

現役引退の中村俊輔、有終の美! FKでチャンス演出など“らしさ”あふれるラストプレー

 Jリーグは10月23日、J2最終節の計11試合を各地で開催。えがお健康スタジアムではロアッソ熊本対横浜FCが行なわれた。 18日に今季限りでの引退を発表している横浜FCの中村俊輔にとっては、現... 続きを読む

中村俊輔、腕章を巻いてピッチに! 現役最後のゲームは“キャプテン”として先発、右シャドーでプレー

 Jリーグは10月23日、J2最終節の計11試合を各地で開催。えがお健康スタジアムではロアッソ熊本対横浜FCが行なわれている。 先日、今季限りでの引退を発表した俊輔にとっては、これが現役ラストマ... 続きを読む

中村俊輔の“現役ラストマッチ”は「前代未聞」の動員。アウェー熊本戦、希代のレフティは今季初先発

 Jリーグは10月23日、J2最終節の11試合を各地で開催。えがお健康スタジアムでは、プレーオフ出場を確定させているロアッソ熊本と、J1昇格が決まっている横浜FCの一戦が行なわれる。 熊本にとっ... 続きを読む

中村俊輔は現役ラストマッチで何を魅せる? FKは「簡単じゃないから」。強調したのは「その時に応じたベストのプレー」

 10月18日に今季限りでの現役引退を発表した横浜FCのMF中村俊輔。その翌日に、メディア対応で23日のJ2最終節・熊本戦に向けて意気込みを語った。 敵地での一戦は、俊輔にとって“現... 続きを読む

「“死に方”がね、分かんないかも」。もがき、抗いながら、キャリアを全うする中村俊輔の生き様【コラム】

 気遣いができる人。それが中村俊輔だ。 まだ俊輔がマリノスに在籍していた頃。三ツ沢でのホームゲームで、その日はベンチ外だったからか、試合前に俊輔がふらっとプレスルームに姿を現わした。 馴染みの記... 続きを読む

自分のことよりチームのために。結果にこだわる鹿島・土居聖真。横浜との大一番は「どれだけ自分たちのサッカーができるか」

 今季の鹿島アントラーズは、新監督にスイス人のレネ・ヴァイラーを招聘。コロナ禍でシーズン当初は岩政大樹コーチが代行監督を務めたが、3月に来日を果たした新指揮官は、同15日のルヴァンカップ・グルー... 続きを読む

マリノス喜田拓也史上“最高”はこれから。「“こいつがいたらチームは勝つな”っていう存在でありたい」

 5月25日に行なわれたJ1第15節の京都サンガF.C.戦で、横浜F・マリノスの喜田拓也が負傷。右股関節内転筋肉離れで、全治には2か月を要する診断だった。 ただ、予定よりも早くチーム練習に合流。... 続きを読む

首位横浜の警戒すべき選手は?「いない」と断言する鹿島・土居聖真の真意「もちろん軸になる選手はいるけど…」

 絶対に負けられない一戦だ。現在リーグで2位につける鹿島アントラーズは、7月30日のJ1第23節で、勝点5差で追う首位の横浜F・マリノスのホームに乗り込む。 鹿島のキャプテン土居聖真は、「ここか... 続きを読む

なぜ横浜は“いつも通り”を貫けるのか。喜田拓也が語る「アタッキング・フットボール」の神髄

 横浜F・マリノスは7月30日、J1第23節で鹿島アントラーズと対戦。勝点45で首位に立つトリコロールが、勝点5差の2位チームをホームで迎え撃つ。 今季のタイトルレースを占う大一番。ただ、喜田拓... 続きを読む

「普通では終わらない」7.30横浜vs.鹿島。伝統の一戦を2人の“8番”はどう展望するか「クオリティの高いゲームに」

「The CLASSIC」と銘打たれた、伝統の一戦だ。 7月30日に開催されるJ1第23節の横浜F・マリノス対鹿島アントラーズ。1993年にスタートしたJリーグで、初年度から続く唯一の&ldquo... 続きを読む

【バイタルエリアの仕事人】Vol.17 パトリック|日本人とブラジル人で異なる“前への意識”。個々の判断と実践のススメ

 攻守の重要局面となる「バイタルエリア」で輝く選手たちのサッカー観に迫る連載インタビューシリーズ「バイタルエリアの仕事人」。第17回は、ガンバ大阪のブラジル人FW、パトリックだ。 前編では、今季... 続きを読む

海外日本人

サッカーダイジェストの最新号

ページトップへ