【日本代表/エリア別検証】大胆さに欠けたボランチが停滞を招いた一因に

カテゴリ:日本代表

五十嵐創(サッカーダイジェスト)

2015年06月18日

シュートシーンが物語る岡崎と香川の連係不足。

香川(10)と岡崎は距離感が遠く、良好な関係を築けていなかった。 写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 2018年のロシア・ワールドカップに向けた船出は、まさかの引き分けに終わった。引いて守りを固める相手から、1点が奪えずに痛恨のスコアレスドロー。格下を相手になぜゴールが奪えなかったのか。攻撃面の課題が噴出したシンガポール戦を、エリア別に検証していく。

 ――◆――◆――

【エリア別検証/3トップ+トップ下】
 本田の7本をはじめ、前線の4人だけで18本のシュートを放ちながら、いずれもネットを揺らせなかった。GKのファインセーブがあったとはいえ、これだけチャンスを作りながら決めきれなかった攻撃陣は、断罪されてしかるべきだろう。引いた相手から点が取れずにドローに持ち込まれたブラジル・ワールドカップのギリシャ戦から進歩がないと言われても仕方がない。
 
 シンガポールが試合に入りきれていなかった立ち上がりは、まだ良かった。しかし、時間の経過とともに相手がより守備の色を強めてくると、日本の攻撃は徐々に精彩を欠いていった。とりわけ気になったのが、CFとトップ下の連係だ。最終ラインの背後を狙う岡崎とアンカーの脇でボールを受けようとする香川との距離感が遠く、仮に香川にボールが入っても、そこから先の崩しに岡崎がほとんど絡めていなかった。
 
 岡崎が放ったシュートは、宇佐美の横パスを受けたエリア内での左足、本田のクロスをニアで合わせた右足、太田のクロスからのヘッドの3本。一方の香川も、柴崎の縦パスを受けてからの反転ミドルと、ルーズボールを拾って自ら持ち込んだミドル、酒井宏の折り返しを合わせた右足の3本だ。ウイングの本田や宇佐美との連係でチャンスを作っていたとはいえ、中央に構えるふたりの関係が上手くいっていなかったのは、この結果からも分かるだろう。
 
 香川自身は、「4人くらいが中に入って距離感が良くパスが回った時はチャンスになっていたけど、もうちょっと一度サイドに開く時間帯があっても良かったと思う」と言うが、起点になっていたウイングを開かせるのであれば、なおさら中央の縦関係は重要だ。
 
 岡崎と香川はいずれも長く代表のレギュラーを務めてきた選手だが、CFとトップ下の関係で固定されたのは、ハリルホジッチ体制になってから。わずか3試合でコンビネーションを構築しろというのは酷なものの、シンガポールのように引いて来る相手が待ち構える今後のアジア予選に小さくない不安は残った。
【関連記事】
【編集長コラム】失望の後に変革あり――アジアの現実を知ったハリルホジッチ監督は、最適解を見出せるか?
【韓国メディアの反応】スコアレスドローに驚きを示しつつ、韓国との“共通の悩み”に言及
【岩本輝雄の日本代表ぶった斬り】クロスの質が低いうえに、中でただ「待っているだけ」ではゴールは奪えない
【日本代表】金田喜稔がシンガポール戦を一刀両断!|むしろ今後のメンバー争いが楽しみに
【サッカーダイジェストの視点】またも陥った“ポゼッション自滅”。1年前のギリシャ戦から時間は止まったままだ
【藤田俊哉の目】解消されなかった“渋滞”。本田や長谷部がピッチ上での交通整理をすべき!
【日本代表】本田が求める「臨機応変」さ
【日本代表<推定市場価格ランク付き>】市場価格「3億4000万円」の宇佐美。シンガポール戦で価値を高められず
【日本代表】停滞する背番号10に、いま必要なこと
【セルジオ越後の天国と地獄】選手たちはまるで高校生。猫がネズミに怖気づいた試合だったね

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ