• トップ
  • ニュース一覧
  • 【サッカーダイジェストの視点】またも陥った“ポゼッション自滅”。1年前のギリシャ戦から時間は止まったままだ

【サッカーダイジェストの視点】またも陥った“ポゼッション自滅”。1年前のギリシャ戦から時間は止まったままだ

カテゴリ:日本代表

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2015年06月17日

岡崎のコメントがすべてを物語っているとも…。

チーム最多7本のシュートを打ちながら、ゴールを奪えなかった本田。結局、個の力が足りないのだろうか。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 ロシア・ワールドカップに向けての第一歩から、いきなり躓いた。明らかに格下のシンガポールと、しかもワールドカップ予選を戦ううえで験がいいはずの埼玉スタジアムで、負けに等しいスコアレスドローに終わったのだ。

【マッチレポート】日本 、決め手を欠きドロー発進…

【PHOTOギャラリー】日本 0-0 シンガポール

 いくつもの決定機が相手GKのファインセーブやバーなどに阻まれ、運に見放された面も確かにあっただろうが、“敗因”はそれだけではない。
 
 最大のそれは、言うまでもなく攻撃面での工夫のなさ。そもそも誰を起点にして、どう崩すのか。まったくと言っていいほど連動性に欠け、そうしたベースさえ見えなかった印象だ。
 
 引き気味のシンガポールを相手に縦への速さはほぼ封じられ、どうにかボールを前に運んでも丁寧さが求められるエリア内でミスのオンパレード……。香川も、岡崎も、宇佐美も、そして本田でさえも敵に恐怖心を植え付けるようなフィニッシュブローを最後まで打ち込めなかった。
 
 ハリルホジッチ監督が「16メートルより前のFKがなかった」と指摘したとおり、この日の日本は綺麗にやろうとする意識が強過ぎたのかもしれない。
 
 なにがなんでもゴールを奪うというようなチャレンジ精神が欠けていたのは、「なかなか点が入らないと慎重になるというか、自分たちで考える時間が長くなってしまった」という長谷部のコメントからも窺い知れる。
 
 突き詰めればオフェンス面の課題はいろいろと出てくるだろうが、岡崎の言葉──「戦い方じゃない。決めるか決めないかのところで、ただ決められなかっただけ」がすべてを物語っているとも言える。
 
 日本のシュート数は23本、CKは14本。それでも肝心のゴールを奪えなかったのは、個の力がまだまだ足りないという結論にも行き着く。岡崎が「こういう試合を何回もしてきている。またかという想いが正直ある」と言ったのも、最終局面で詰めを欠いた自分に対する不甲斐なさに怒りを感じたからだろう。
 
 悔しさは、ミドルが1本と積極性を欠いた長谷部からも伝わってきた。
「これだけのチャンスがあって決められなかったのは今日が初めてではない。アジアカップ(のUAE戦)も、ブラジル・ワールドカップのギリシャ戦でもそうでしたし。最後の部分でなにかが足りないということを痛感しています」
【関連記事】
【編集長コラム】失望の後に変革あり――アジアの現実を知ったハリルホジッチ監督は、最適解を見出せるか?
【藤田俊哉の目】解消されなかった“渋滞”。本田や長谷部がピッチ上での交通整理をすべき!
【セルジオ越後の天国と地獄】選手たちはまるで高校生。猫がネズミに怖気づいた試合だったね
【岩本輝雄の日本代表ぶった斬り】クロスの質が低いうえに、中でただ「待っているだけ」ではゴールは奪えない
【日本代表】金田喜稔がシンガポール戦を一刀両断!|むしろ今後のメンバー争いが楽しみに
【識者の視点】今後の代表強化にも影を落とすシンガポール戦のドローが持つ意味
【韓国メディアの反応】スコアレスドローに驚きを示しつつ、韓国との“共通の悩み”に言及
【日本代表/エリア別検証】大胆さに欠けたボランチが停滞を招いた一因に
【日本代表<推定市場価格ランク付き>】市場価格「3億4000万円」の宇佐美。シンガポール戦で価値を高められず
【日本代表】本田が求める「臨機応変」さ

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ