• トップ
  • ニュース一覧
  • 【日本代表】金田喜稔がシンガポール戦を一刀両断!|むしろ今後のメンバー争いが楽しみに

【日本代表】金田喜稔がシンガポール戦を一刀両断!|むしろ今後のメンバー争いが楽しみに

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2015年06月17日

太田と酒井宏は遠い位置からクロスを放ってばかり。宇佐美、武藤、原口のドリブラートリオも活かし切れず。

イラク戦では出色のパフォーマンスを見せた柴崎だが、今回は「遠藤がいたら……」と言われてしまうような内容に終わってしまった。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 一抹の不安は残った。
 
 シンガポールは、アウェーの日本で勝点を持ち帰った。今回の試合を参考にして、2次予選同組のシリア、アフガニスタンも対策を取ってくるはずだ(さすがにカンボジアには問題なく勝つだろうが)。最終予選でもそのようなチームが出てくるだろう。
 
 いずれにせよ、「日本相手にこうして守れば、なんとかなるかもしれない」という攻略法を与えてしまったのだ。1トップを前線に残して9人で守るというチームはこれまでも少なくなかったが、さらに増えるに違いない。より厄介な状況を招いてしまったと言える。
 
 それにしても日本の選手も、監督も、スタッフも、相手がベタ引きでカウンターを狙ってくることは、戦前から分かり切っていたはずだ。それなのに臨機応変さを欠き、シンガポールの思惑どおりに、密集地帯にただ飛び込んでボールを失うだけだった。
 
 守備を固める相手を崩すのに最も効果的なのは、サイドを抉ってから崩す攻撃パターン。それは攻撃のセオリーでもある。
 
 真ん中に人が密集していたら、できるだけゴールライン付近まで仕掛けてパスやクロスを入れる。どんどんボールを持ち込み、深い位置まで進出すればいい。そうすれば相手選手はボールの行方を追いかけるので、マークする相手から一瞬目を離す。または、ボールに引き出される選手も出てくる。その隙を突けばいいだけのことだった。
 
 しかし左SBの太田も、右SBの酒井も、持ち前のクロス精度を活かし切れず、なんだか自信なさそうに低い位置からアーリークロスを放り込んでばかりだった。
 
 低い位置から放つアーリークロスは、チーム全体の攻撃のスピードが乗っている時こそ有効だ。前線の選手が動き出すスペースがあれば、より活きてくる攻撃パターンである。シンガポール戦はそういう状況ではなかったにもかかわらず、遠い位置から闇雲にクロスを入れるだけだった(同じような試合を、これまでにも何度か観たことはあったが……)。
 
 宇佐美、武藤、原口という日本を代表するドリブラーが揃っていたのだから、チームとして、彼らを活かす工夫をしても良かったはずだ。彼らが仕掛けて行けるように、チームとしてスペースを作ってあげれば、ゴール前付近で相手のファウルも増えFKを得られただろう。そういった皮算用を試合中に立てられる選手もいなかった。
 
 なぜ、そのような一辺倒な攻撃になってしまうのか? いったい、どこのチームと対戦しているのか、選手たちは分かっていたのだろうか? 
 
 常にヨーロッパの強豪との対戦を想定した「縦に速いサッカー」を意識しても、必死にスペースを消してくるアジアの国々が相手では通用しない。ただ、それも、ずーっと前から誰もが言ってきたことだが……。
 
【関連記事】
【韓国メディアの反応】スコアレスドローに驚きを示しつつ、韓国との“共通の悩み”に言及
【編集長コラム】失望の後に変革あり――アジアの現実を知ったハリルホジッチ監督は、最適解を見出せるか?
【日本代表/エリア別検証】大胆さに欠けたボランチが停滞を招いた一因に
【サッカーダイジェストの視点】またも陥った“ポゼッション自滅”。1年前のギリシャ戦から時間は止まったままだ
【藤田俊哉の目】解消されなかった“渋滞”。本田や長谷部がピッチ上での交通整理をすべき!
【識者の視点】今後の代表強化にも影を落とすシンガポール戦のドローが持つ意味
【セルジオ越後の天国と地獄】選手たちはまるで高校生。猫がネズミに怖気づいた試合だったね
【日本代表】停滞する背番号10に、いま必要なこと

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ