• トップ
  • ニュース一覧
  • 【岩本輝雄の日本代表ぶった斬り】クロスの質が低いうえに、中でただ「待っているだけ」ではゴールは奪えない

【岩本輝雄の日本代表ぶった斬り】クロスの質が低いうえに、中でただ「待っているだけ」ではゴールは奪えない

カテゴリ:連載・コラム

岩本輝雄

2015年06月17日

右サイドの本田とトップ下の香川を入れ替えても良かった。

本田を起点にして、両サイドから香川(10番)や宇佐美(11番)が絡んでいく。そうしたバリエーションの必要性も感じた。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 ゴール前の攻防だけを切り取れば、ある意味、スリリングなゲームだったかもね。

【PHOTOギャラリー】日本 0-0 シンガポール
 
 率直な意見として、今回のシンガポールのように中を締めてくる相手に対しては、もっと外を使わなければいけない。
 
 パスを速く回して、サイドに散らしてから、敵のディフェンスを引き出すような形にする。漠然とサイドからクロスを入れても無駄。サイドチェンジを繰り返して、揺さぶりをかけながら、密集地帯に穴を空けるようにする。
 
 例えば、サイドハーフに預けた時、SBは縦に上がるのはいいけど、状況によってはインナーラップ(内側に入っていく動き)も繰り出して、敵の守備陣をかき乱すべきだった。
 
 また、クロスの質はもちろん、エリア内への入り方が非常に悪い。人数は足りていたよね。でも、クロッサーが切り返した瞬間に時間と空間ができるのに、スタンバイしている選手たちの動き出しがまったくない。ただ、待っているだけ。止まりっぱなし。それでは、相手も守りやすくなるのは当然だよ。
 
 中の入り方は、チームとして約束事が決まっていないように見えた。それぞれが独自の判断でプレーしていたんじゃないのかな。そこのクオリティを上げていかないといけないし、この試合で最も気になった点だね。
 
 1本だけ、太田から岡崎に通したクロスがビッグチャンスになったけど、あれは岡崎のポジショニングが素晴らしかった。こういうシーンをもっと増やさないと、同じようなシチュエーションで同じことの繰り返しになると思う。
 
 縦を狙うのもいいけど、相手に引かれた時のトレーニングを徹底しておくべきだった。準備不足だったのは否めないね。
 
 個々を見ればイージーミスも目に付いたけど、それは些細なこと。たいした問題じゃない。それよりも、クロスの質とそれを受ける側のポジショニングの拙さこそ“最大のミス”と言える。
 
 崩しのもうひと工夫として、右サイドの本田とトップ下の香川を入れ替えても良かった。相手がゴール前を固めてくるなら、フィジカルの強い本田を起点にして、彼にボールを当ててから、サイドから香川や宇佐美が絡んでいく。そうしたバリエーションを織り交ぜる必要性も感じた。
【関連記事】
【編集長コラム】失望の後に変革あり――アジアの現実を知ったハリルホジッチ監督は、最適解を見出せるか?
【韓国メディアの反応】スコアレスドローに驚きを示しつつ、韓国との“共通の悩み”に言及
【日本代表/エリア別検証】大胆さに欠けたボランチが停滞を招いた一因に
【日本代表】金田喜稔がシンガポール戦を一刀両断!|むしろ今後のメンバー争いが楽しみに
【サッカーダイジェストの視点】またも陥った“ポゼッション自滅”。1年前のギリシャ戦から時間は止まったままだ
【藤田俊哉の目】解消されなかった“渋滞”。本田や長谷部がピッチ上での交通整理をすべき!
【セルジオ越後の天国と地獄】選手たちはまるで高校生。猫がネズミに怖気づいた試合だったね
【日本 対 シンガポール】サッカーダイジェスト取材記者の採点&寸評

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ