【J1ベストイレブン】抜群の決定力を示したP・ウタカがMVP。埼玉ダービーで決勝点の柏木、1得点・1アシストの大久保をエントリー|1stステージ11節

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年05月11日

最多選出は川崎の3名。二枚看板と車屋を選出。

【1stステージ11節のベストイレブン】

画像を見る

 J1リーグは5月8日、第1ステージ11節の9試合を行なった。首位の浦和と2位の川崎が勝点3を重ねる一方、3位の鹿島は磐田と引き分け、4位の柏は川崎に敗れた。ここでは、11節の9試合からサッカーダイジェストWeb編集部がセレクトしたベストイレブンを紹介する。
 
【選出理由】
 今節のMVPは、鳥栖から鮮やかな2ゴールを奪って勝点3獲得に貢献したP・ウタカだ。今季9ゴール目でJ1得点ランクトップに立つストライカーは、ミキッチのクロスをヘッドで合わせて1点目を叩き込み、茶島のスルーパスを受けて2点目を決めた。
 
 その広島では、3バックもクオリティ高いプレーを見せており、千葉、塩谷、水本の全員が『6.5』を記録。そのなかで、ビルドアップでの貢献度が高かった千葉をベストイレブンに選んだ。
 
 最終ラインは、上記の千葉のほか、埼玉ダービーを制した浦和の遠藤と、本職でない右SBをソツなくこなした新潟の舞行龍。また、対戦相手のキーマンである柏の大津を完全に無効化した車屋を選出した(車屋は柏戦でCBを務めていたが、適性を考慮して左SBに配している)。
 
 中盤の4人は、いずれも採点『7』とハイパフォーマンスを披露した4人で、なかでも堅守の大宮から値千金の決勝点を決めた柏木の活躍が際立った。

 前線はMVPのP・ウタカに加え、マッチアップした柏の中谷を「クロスの入り方は独特。今まで経験したことがなかった」(中谷)と驚愕させた大久保をエントリー。GKは4度のピンチに立ちふさがった神戸のキム・スンギュを選んだ。
 
【関連記事】
【セルジオ越後の天国と地獄】不祥事を起こした三菱自動車。もし浦和の‘‘親会社”が代わったら、クラブの方針がどうなるか気掛かりだ
【J1採点&寸評】広島×鳥栖|3つのチャンスで2ゴール!試合を決めたP・ウタカをMOMに
【J1採点&寸評】磐田×鹿島|相手を出し抜くプレーとスーパーゴールで魅せた小林をMOMに。連係が光ったカイオ、金崎も最高点の「7」
【J1採点&寸評】新潟×G大阪|U-23代表候補・小泉が新潟のファイティングスピリットの象徴的存在に。G大阪は頼みの宇佐美、助っ人陣が不発
【J1採点&寸評】湘南×FC東京|リードを活かしてFC東京が逃げ切り。決勝点の河野をMOMに
【J1採点&寸評】横浜×甲府|二度のリードを守り切れなかった横浜。采配がハマった甲府は収穫ありの勝点1
【J1採点&寸評】仙台×福岡|セットプレーで2得点!仙台が裏天王山を制し、降格圏を脱出
【J1採点&寸評】柏×川崎|大久保が決勝弾! 5連続完封中の柏から川崎が3点をゲット
【J1採点&寸評】名古屋×神戸|チャンスを決め切ったレアンドロがMOM。名古屋で及第点に届いたのは、和泉とイ・スンヒだけ
【J1採点&寸評】大宮×浦和|白熱のさいたまダービーは、「今季一番苦しんだ」浦和が勝利。右足のハーフボレーを叩き込んだ柏木陽介をMOMに選出
【リオ五輪代表】サバイバルも最終章。矢島慎也が目標の「リオ行き」に向かってラストスパートへ
【リオ五輪代表】ノルマは長谷部超え――。新たな野望を掲げる井手口陽介が「誰が来ても負けない」と宣戦布告
【リオ五輪代表】手倉森ジャパンの“持っている男”野津田。ガーナ戦で左足は火を噴くか?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ