【リオ五輪予選|タイ戦スタメン予想】勝てばGL突破が決定。矢島&原川らが先発する可能性も

カテゴリ:日本代表

本田健介(サッカーダイジェスト)

2016年01月15日

タイの印象は「背は高くないが、前にドリブルをできる選手がいる」(遠藤)

タイ戦の予想スタメン/北朝鮮戦のメンバーがベースだが、いくつかのポジションで変更の可能性も。不調に終わった南野や大島が、それぞれ矢島と原川に取って代わられるかもしれない。

画像を見る

 日本が北朝鮮に勝利した約1時間後、同じ会場で行なわれたタイとサウジアラビの試合は1-1のドローに終わった。「引き分けてくれて、僕らかすれば大きい。次勝てば決勝トーナメントへ進出できる」(遠藤)と、日本にとっては追い風となる結果となった。
 
 グループリーグ第2戦の相手・タイとの直近の対戦は、2014年12月の国際親善試合。当時は鈴木と豊川のゴールで2-0と勝利した。
 
 この試合で先発出場した浅野は「あれから月日も経っていますし、相手も成長していると思います。やってみないと全然分からない。イメージは湧いたとしても実際にやってみると違ったりすると思います」と語る。
 
 タイの特長について、キャプテンの遠藤は次のように説明する。
 
「背は高くないが、前にドリブルをできる選手がいる。(タイとサウジアラビアの試合は)ざっくりとしか見ていないですが、そういう印象はある。攻めている時のリスクマネジメントをしっかりやれば後ろは抑えられるかなと」
 
 この「前にドリブルをできる選手がいる」というイメージは、約1年前の試合を経験した選手たちに共通するもの。つまり、ロングボールを主体にゴリゴリと押し込んできた初戦の北朝鮮戦とは違った対応が求められるということだ。
 

ボランチの遠藤(中央)はタイの印象を聞かれ、「背は高くないが、前にドリブルをできる選手がいる」。さらに、「リスクマネジメントをしっかりやれば後ろは抑えられるかな」と自信を見せた。写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

【関連記事】
【リオ五輪予選】“ジーコ”に率いられたタイの“メッシ”に要注意! 決して侮れない東南アジアの雄の実力とは?
【リオ五輪予選】タイ戦での“デビュー”を待ち望む浅野拓磨。「出場したら得点を取る自信はある」
【日本 1-0 北朝鮮|採点&寸評】決勝弾の植田がMOM。正確なCKでアシストした山中の貢献も大だった
【リオ五輪予選】パターンは残り8つ!? リオへの鍵を握る“手倉森ジャパン”のセットプレー
【リオ五輪予選】北朝鮮戦・エリア別検証|守備陣の粘り強さが勝利の原動力に。次戦では攻撃面の進化が問われる
【浦和始動】新背番号10を披露! 柏木陽介が決意を語る。「優勝して、『あの時の10番は柏木だったな』と言われたい」
【FC東京/新体制】2016シーズンのスローガンは「頂戦」。明らかになった城福監督が掲げる“新スタイル”とは?
【J1・J2移籍動向】C大阪が助っ人を総入れ替え。FWの補強は6人目に
【リオ五輪予選】FC東京でつながる“3世代の10番”。北京五輪世代の梶山陽平とロンドン五輪世代の東慶悟が中島翔哉へ送ったアドバイス

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ