【FC東京/新体制】2016シーズンのスローガンは「頂戦」。明らかになった城福監督が掲げる“新スタイル”とは?

カテゴリ:Jリーグ

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2016年01月15日

スローガンの文字通り「“頂”点に向かって“戦”う」シーズンに。最優先は「リーグ優勝」。

小金井の宮地楽器ホールで新体制記者発表会を行なう。ファン・サポーターとのフォトセッションも。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 1月14日、FC東京の新体制記者発表会が小金井の宮地楽器ホールで行なわれた。観覧席にFC東京のファン・サポーターを数百人招待しての今イベントで、最初に壇上に立った大金社長は「昨季はいろんな記録を塗り替えました。でも、満足していません」と言ったうえで、今季のスローガンを「頂戦」と発表した。

【FC東京】2016シーズン新体制記者発表会PHOTOギャラリー

 そのコンセプトは、クラブリリースによれば以下のとおりだ。

「FC東京にかかわるすべての人が、日本そしてアジアの頂点に立つことをめざし、それぞれの立場で進化すること、さらにFC東京U-23のJ3リーグ参戦など、2016年をクラブとしての新たなチャレンジの年と位置付け、一丸となって臨む決意を表現しました」(原文まま)

 2016シーズンに向けての目標は、文字どおり「頂点に向かって戦う」。セカンドチームがJ3に初参戦する新シーズンは、「いろんなチャレンジをしながら、タイトルを獲る、優勝する」(大金社長)と勝負の年になる。

 ゼネラルマネージャーの立石氏は「狙うはJリーグのシャーレ」という具体的な目標も示し、「5年4か月ぶりに帰ってきた」という城福監督も「Jリーグのタイトルが最優先」と追随した。

 城福監督の言葉を拝借すれば、新シーズンで標榜するスタイルは「アクションフットボール」だ。それについて、新指揮官はこう説明している。

「自分たちが主体性を持って、選択肢を持ちながら判断していくのが、アクション。逆にリアクションというのは、相手に動かされる動き、あるいはこうしなければならない動きになります。リアクションが9割、10割がリアクションと言ってもいい守備でも、少しだけアクションの部分はあります。バックパスに対して奪いに行ったり、形にはめてサイドで奪いに行く。これを私はアクションという定義にしています。

 攻撃においても、良い守備をされてバックパスして蹴らざるを得ない。跳ね返される状況で長いクロスしか上げられないという攻撃は、私のなかではリアクションという定義。そうしたアクションの部分をできるだけ多くしたい。1分でも長くアクションの時間帯を作りたい。

 もちろん、守備でアクションを5割にすることはできません。ということは、守備の時間を少しでも短くしないといけない。攻撃でアクションの時間を増やすためには、自分たちがアイデアを持ってボールを持っていないといけない。勇気を持って動き出さないといけない」
 

「5年4か月ぶりに小平に戻ってきた」城福監督。タイトル奪取に向けてどんなチーム作りをするのか楽しみだ。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ