【リオ五輪予選】北朝鮮戦・エリア別検証|守備陣の粘り強さが勝利の原動力に。次戦では攻撃面の進化が問われる

カテゴリ:日本代表

本田健介(サッカーダイジェスト)

2016年01月14日

【ディフェンシブサード】両CBは空中戦の強さを発揮。問題はセカンドボールの奪取率の低さだ。

岩波(4番)と植田(5番)のCBコンビは空中戦を制したが、セカンドボールを拾えずに苦戦。次のタイ戦では、ラインを上げてコンパクトな陣形を維持したい。写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 予想していた北朝鮮のロングボールを植田と岩波のCBコンビがことごとく撥ね返す。リオ五輪最終予選の初戦、北朝鮮戦の勝利の要因には、このふたりの踏ん張りが挙げられるだろう。「やっていて楽しかった」と語る植田は制空権を握り、岩波も周囲に指示を送りながら身体を張ってシュートをブロックした。
 
 ただ、問題があったのはライン設定だ。せっかくロングボールを撥ね返してもなかなかセカンドボールを拾えず。これは中盤との連係不足の面もあるが、「僕らがズルズルラインを下げてしまったのも悪かった」と両CBは口を揃えて反省する。
 
 また前半は岩波の正確なフィードで久保、鈴木を走らせるシーンがあったが、ラインが下がってしまった中盤以降は「ロングボールを蹴って、単発な攻撃になってしまった」(手倉森監督)と、ビルドアップからの攻撃の質が著しく低下。ラインの高さ、中盤との距離感は次戦へ向けて、修正したい課題だ。
 
 一方、SBのふたりも勝利の大きな立役者となった。室屋は「とにかくボールを持ったら仕掛けて、自分のなかでリズムを掴もうと思っていた」と、積極的な上がりで右サイドを活性化。先制点につながるCKを奪った。
 
 左サイドの山中は室屋が果敢にオーバーラップを仕掛けたため、攻め上がりをやや自重していたように見えたが、先制点を「狙い通りのキック」(山中)でアシスト。
 
 加えてふたりは、守備の時間が長くなった後半には粘り強い対応で貢献した。ともにフィジカルに優れているとは言えないが、戦う姿勢を最後まで持ち続け、北朝鮮の攻撃陣に食らいついた。
 
 初戦の無失点勝利は、冷静なセービングが光ったGKの櫛引も含めて、守備陣の高いパフォーマンスがもたらしたと言える。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ