【リオ五輪予選】タイ戦での“デビュー”を待ち望む浅野拓磨。「出場したら得点を取る自信はある」

カテゴリ:日本代表

本田健介(サッカーダイジェスト)

2016年01月15日

北朝鮮戦では待望の瞬間は訪れず。

シュート練習に打ち込む浅野。北朝鮮戦で出番は訪れなかったが、次のタイ戦ではそのスピードを活かせる展開となりそうだ。写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 北朝鮮戦の勝利から一夜明け、先発陣が軽めのランニングを行なうなか、サブ組中心のトレーニングでひと際、元気な姿を見せたのが浅野だった。
 
 北朝鮮戦はまさかの出番なし。昨季、広島の年間優勝に大きく貢献した男にとってモヤモヤが残る大会初戦となった。
 
「100パーセントの力を出せるように、準備はできていました。出場したらたら得点を取れる自信は持っていました。でもこれで終わりじゃない。最終予選が本当に終わった時に自分のプレーが出せたなと思えるように残りの試合を頑張りたい」
 
 仲間たちが必死に戦うなか、浅野は逸る気持ちを抑えつつ、指揮官から声がかかる時を待ち続けた。しかし、最後まで待望の瞬間は訪れなかった。それでも翌日にはいつもと変わらない笑顔を見せる。
 
「自分自身、ピッチに立てなかった悔しさはあります。でも、日本として勝てたことが良かった。僕もピッチに立つことがあれば期待に応えられるように頑張らないといけないし、この悔しさをチャンスが来た時にぶつけたい」
 
 トレーニングを見ていると、身体のキレはまったく悪くない。いや好調をキープしているようにも映る。昨季は、U-23代表内のJ1勢でトップの8ゴールを奪い、A代表にも選出された。日本のエースとして大会を迎えてもおかしくはない状況だった。ただ、手倉森監督は広島と同じ起用法である“スーパーサブ”の立ち位置を浅野に求めた。
 
 他国のスカウティングが集まった北朝鮮戦で浅野の存在を隠せたことを指揮官は喜ぶ。頭のなかでは、浅野に対する信頼はまったく変わっていないようだ。
 
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ