【J1・J2移籍動向】C大阪が助っ人を総入れ替え。FWの補強は6人目に

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年01月15日

豊富な前線の人材を、大熊清監督がどう配置していくのか。

ソウザは攻撃にも貢献できるハードワーカー。精度の高いFKも武器だ。(C)REUTERS/AFLO

画像を見る

 C大阪が1月14日、FWリカルド・サントス(28歳)、FWブルーノ・メネジュウ(28歳)、MFソウザ(27歳)の獲得を発表した。また、同時にFWエジミウソン(33歳)、MFマグノ・クルス(27歳)、MFパブロ(23歳)を放出し、助っ人を総入れ替えした形だ。
 
 すでに、柿谷曜一朗(26歳)、杉本健勇(23歳)、米澤令衣(19歳)、岸本武流(18歳)を獲得していたC大阪は、計6人目のFWの補強となる。

 新戦力のリカルド・サントスは、昨シーズンまで貴州人和(中国)でプレーし、27試合・11得点を記録。187センチの長身を武器に、パワフルなプレーでゴールを量産した。タイプが似ている田代有三(33歳)や杉本とレギュラーを争うことになりそうだ。

 また、ブルーノ・メネジュウは大連阿爾浜(中国)でプレーし、28試合・19得点。スペースへの飛び出しとスピードが売りで、こちらは玉田圭司(35歳)や柿谷のライバルになるだろう。豊富な前線の人材を、大熊清監督がどう配置していくのか。大きな注目が集まる。

 一方、ハノーファーに移籍した山口蛍(25歳)の代役として白羽の矢が立ったソウザは、攻守にバランスのとれたボランチだ。2008年にパルメイラスで頭角を現した当時は泥臭いハードワーカーだったが、今ではキックの精度も併せ持ち、シンプルに起点になれる選手へ成長した。特にセットプレーの精度は高く、C大阪でも力を発揮してくれそうだ。

 そのほか、1月14日時点での移籍はこちらでチェック→【J1・J2移籍動向】最新移籍リスト
 
【関連記事】
【日本 1-0 北朝鮮|採点&寸評】決勝弾の植田がMOM。正確なCKでアシストした山中の貢献も大だった
【リオ五輪予選】北朝鮮戦・エリア別検証|守備陣の粘り強さが勝利の原動力に。次戦では攻撃面の進化が問われる
【リオ五輪予選】北朝鮮にリベンジを果たすも…南野拓実が抱えた“シコリ”
【リオ五輪予選】FC東京でつながる“3世代の10番”。北京五輪世代の梶山陽平とロンドン五輪世代の東慶悟が中島翔哉へ送ったアドバイス
【香川真司】スランプに喘いだ昨季からなぜ復活できたのか。本人が語る「アジアカップ後の“変化”」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 唯一無二の決定版!
    2月15日発売
    2024 J1&J2&J3
    選手名鑑
    60クラブを完全網羅!
    データ満載のNo.1名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ新シーズン開幕!
    2月9日発売
    2024年シーズン
    Jリーグ開幕ガイド
    順位予想や開幕戦の見どころ、
    主役候補たちを徹底チェック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 恒例企画!
    2月15日発売
    2023-2024
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    82クラブのシーズン確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ