【岩本輝雄のオタクも納得!】期待外れの南野は2トップとの関係性を深める必要がある

カテゴリ:連載・コラム

岩本輝雄

2016年01月14日

山中の左足は日本の大きな武器になる。

精度の高いCKで植田の決勝点をアシストした山中。右の室屋とともに、アグレッシブな姿勢でチームに良いリズムをもたらしていた。写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 苦しみながらの勝点3。山中のCKから植田が決めた1点を守り切り、難しい初戦でしっかりと勝利を収められたのは評価したい。

【リオ五輪予選PHOTOダイジェスト】日本 1-0 北朝鮮
 
 印象的だったのは、両SBの活躍ぶりだった。CBの植田と岩波、2ボランチの遠藤と大島、2トップの久保と武蔵と、センターラインの安定感はこのチームの強みでもある。だからこそ、サイドの選手の出来が勝敗に影響するだろうと見ていたけど、右SBの室屋、左SBの山中のパフォーマンスは確実にチームに良いリズムをもたらしていた。
 
 開始早々の5分に先制点を奪った後も、彼らのアグレッシブな攻撃参加からチャンスを作り出すことができていた。ボランチの遠藤の献身的なカバーリングに加え、北朝鮮のルーズなマークに助けられた部分があったとはいえ、ふたりとも高いポジションを取り、効果的なクロスを供給する。特に室屋は守備でも奮闘していた。
 
 山中は、勝負を決めるゴールを演出したその左足が際立っていた。以前に比べてキックの精度が格段に上がってきているし、今予選では日本の大きな武器になると思う。
 
 山中も守備面で大きなミスはなかった。彼らふたりを含めた最終ラインは、最後まで粘り強い対応でゴールを割らせなかったけど、相手のシュートミスに助けられたのも事実。失点してもおかしくない場面が少なくとも3回はあった。その点は反省材料として、次の試合までにしっかりと修正するべきだろう。
 
【関連記事】
【日本 1-0 北朝鮮|採点&寸評】決勝弾の植田がMOM。正確なCKでアシストした山中の貢献も大だった
【リオ五輪予選】FC東京でつながる“3世代の10番”。北京五輪世代の梶山陽平とロンドン五輪世代の東慶悟が中島翔哉へ送ったアドバイス
【サッカーダイジェストの視点】内容よりも結果――。勝利に徹した手倉森ジャパンの潔さが勝点3に結びつく
【リオ五輪予選】先発落ちの危機から一転、勝利の原動力となった植田直通。“持っている一日”に決勝ゴール!
【リオ五輪予選】キャプテン・遠藤は薄氷の勝利に安堵。「『0』で抑えるという雰囲気を保てたのが一番の収穫」
【リオ五輪予選】先制点のセットプレーは「狙い通り」と山中。「内容が悪くても勝ち切れたのはチームとして大きな自信になる」
【リオ五輪予選】監督の話も耳に入らないほど緊張していた大島は、「すごく守備をしてくれた」とFW陣に感謝
【リオ五輪予選】白星発進も気を引き締める中島。「オリンピック初戦でこんなプレーをしたら大敗している」と厳しい評価
【北朝鮮戦会見】「『耐えて勝つ』という形で辛抱させられたゲーム。最終的には結果がすべて。勝って良かった」(手倉森監督)

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ