【リオ五輪予選】先発落ちの危機から一転、勝利の原動力となった植田直通。“持っている一日”に決勝ゴール!

カテゴリ:日本代表

本田健介(サッカーダイジェスト)

2016年01月14日

プレッシャーのかかる北朝鮮戦を楽しみ、ゴールにつなげる。

スタメン抜擢にされた植田は満点解答。ゴール&無失点と攻守両面で働いた。 写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 リオ五輪最終予選の初戦・北朝鮮戦、「みんな固さがあった」という初陣でチームを勝利に導いたのが植田直通だった。

 開始5分、相手のマークを振り切り山中のCKに右足で合わせた。
 
「セットプレーでは決めてやるという気持ちを持っていた。フェイントをかけて入っていったら相手が引っ掛かった。ボールも良かったので後は決めるだけでした」

 試合後、植田は笑顔でゴールを振り返った。

 このCBが貢献したのは攻撃面だけではない。本職の守備でも北朝鮮のロングボールをに対し、制空権を握って撥ね返し続けた。その対応は喜びに似た感触があったという。
 
「蹴って来てくれて楽しかったです。僕は逆にそっちのほうが得意なので。あとはセカンドボールを拾うのが課題かなとは思います。そこは次に活かしたい」

 仲間たちが緊張した面持ちを見せるなか、試合を心から楽しんでいた植田。強靭なメンタルを持つ男だからこそ、ゴールという結果を残せたのかもしれない。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ