白鳥和洋(サッカーダイジェスト) 新着記事

【川崎】FC東京のプレスの無力化。阿部が多摩川クラシコで示した凄みとは?

 川崎がFC東京を文字通り圧倒した今回の多摩川クラシコ。FC東京の前線からのプレスをものともせず、的確にボールをつなぐ川崎の上手さが際立った試合だった。  1得点・1アシストの小林、2アシストの下... 続きを読む

多摩川クラシコで完敗を喫したFC東京。どこでプランが狂った?

 今季のFC東京が、完膚なきまでにやられた試合は今回の多摩川クラシコが初めてだ。前線からのプレスが上手くハマらず、20分にコーナーキックから小林にヘッドで叩き込まれて失点すると、その後も流れを掴... 続きを読む

「嫌いになりそうだった」フィジコとの練習を乗り越え…。山形の山田が明かす“躍進秘話”

「マジかよ……」  シーズン前のキャンプの時、山田拓巳はそう思った。今季から就任したフィジカルコーチのエルシオに対して、「嫌いになりそうだった」とも告白している。  今季... 続きを読む

【京都】山形戦で決勝弾の一美。殊勲のFWは中田監督からどう評価された?

 2019年7月13日、アウェーで山形に1-0と勝利した京都は、その山形と同勝点(40)ながらも得失点差でわずか1上回って今季初めて首位に立った。山形撃破の立役者は一美和成だろう。0-0で迎えた... 続きを読む

【J2】山形を下した京都が首位浮上。値千金の決勝弾を決めたのは…

 2019年7月13日、勝点3差で迎えた1位・山形と2位・京都の首位攻防戦がNDソフトスタジアム山形で行なわれた。  ホームの山形は3-5-2-システムで、GKが櫛引政敏、DFが熊本雄太、栗山直樹... 続きを読む

【J1展望】FC東京×川崎|優勝の行方を占う大一番。両チームの気になるキーマンは…

J1リーグ19節FC東京-川崎フロンターレ7月14日(日)/19:00/味の素スタジアム FC東京今季成績(18節終了時):1位 勝点39 12勝3分3敗 28得点・13失点 【最新チーム事情】●前... 続きを読む

森重真人が語る「多摩川クラシコのキーマン」は?

 天下分け目の大一番と言っても過言ではないだろう。1位のFC東京と2位の川崎との直接対決、第34回多摩川クラシコが7月14日に味の素スタジアムで開催される。痺れるシチュエーションでの多摩川クラシ... 続きを読む

【J2】首位ターンの山形。木山監督が選ぶ前半戦のベストゲームは?

 2019年シーズンのJ2リーグ前半戦を終えて、堂々の首位(11勝7分3敗で2位・京都とは勝点2差)。13失点は21節終了時点で今季最少という結果を受け、7月10日の練習後に囲み取材に応じた木山... 続きを読む

【FC東京】太田宏介が名古屋に完全移籍。ジョーとホットラインを開通できるか

 2019年7月2日、太田宏介がFC東京から名古屋へ完全移籍することが決まった。 17年にオランダのフィテッセからFC東京に復帰し、17年、18年シーズンと左SBのレギュラーとして活躍したが、今... 続きを読む

【FC東京×横浜|戦評】首位攻防戦の行方を大きく左右した一撃。そして最大の勝因は…

[J1・17節]FC東京4-2横浜/6月29日/味の素スタジアム  横浜にも勝つチャンスはあった。事実、試合序盤はリーグで連敗中のFC東京をサイド攻撃で揺さぶり、15分には右ウイングの仲川のチャン... 続きを読む

【J1採点&寸評】FC東京4-2横浜|マン・オブ・ザ・マッチは劣勢から快勝に導いたスピードスター。横浜で唯一高評価だったのは…

[J1・17節]FC東京4-2横浜/6月29日/味の素スタジアム 【チーム採点・寸評】FC東京 7久保の壮行試合で快勝。先制されながらも前半のうちに逆転し、後半に突き放す戦いぶりは首位チームに相応... 続きを読む

「東京での時間を一生忘れない」。久保建英が壮行セレモニーでラストメッセージ

 2019年6月29日にFC東京が横浜を4-2で下した試合後、「タケフサ・コール」が起こるなかで久保建英(レアル・マドリ―に移籍)の壮行セレモニーが行なわれた。久保がプロとして在籍したクラブ同士... 続きを読む

【証言構成】現役日本代表が語る「久保評」

 ボールを持てば何かやってくれそう──。今季のJ1リーグ、さらにエルサルバドル代表とのキリンチャレンジカップ(親善試合)、さらにコパ・アメリカのエクアドル戦で感じたことをひと言で表現するなら、こ... 続きを読む

【久保建英】“在籍2クラブ”同士──FC東京×横浜戦の試合後に壮行セレモニーを実施予定

 6月29日のJ1リーグ第17節のFC東京×横浜戦(味の素スタジアム/19時キックオフ)において、試合後、レアル・マドリ―に移籍する久保建英の壮行セレモニーが実施されることになった。... 続きを読む

エクアドル戦で“厄介”だった久保建英。特筆すべきはボールを隠すキープ術【コラム】

 久保のところにボールが入ると何か起きそうな気がする。これは、エクアドル戦での感想だ。37分に左足でシュートを打った場面、68分、79分、90分過ぎに良いスルーパスを出したシーンなどがまさに&l... 続きを読む

サッカーダイジェストの最新号

ページトップへ