元川悦子 新着記事

南野拓実が提示した大迫不在問題への解決策。新たな大黒柱誕生の予感も、次なる「依存症」を生み出すな

 移動を伴う中4日の強行日程、不慣れな人工芝ピッチと苦戦が予想された15日の2022年カタール・ワールドカップ・アジア2次予選、タジキスタン戦(ドゥシャンベ)。前半は案の定、相手の球際での激しさ... 続きを読む

大迫問題の解決策は「人を変えるか、形を変えるか」。モンゴル戦は鎌田大地を1トップに抜擢か?

 2022年カタール・ワールドカップ2次予選の2戦目となるモンゴル戦が今日10日、埼玉スタジアムで行なわれる。9月のミャンマー戦(ヤンゴン)に続く連勝が求められる日本だが、今回は絶対的1トップの... 続きを読む

「大迫がいれば…」エース不在を契機に改めて考える。日本ではなぜ1トップが育ちにくいのか?

「大迫(勇也=ブレーメン)がいるわけじゃないんで、蹴ってもしょうがないですよね。前にそんなに大きい選手がいるわけじゃないからつないで崩していかないと。大迫がいれば彼を狙ってロングボールってのもあ... 続きを読む

岡崎がダメなら本田がいた…日本代表1トップの系譜。大迫不在のいま再びクローズアップされる最前線の適役は?

 2022年カタール・ワールドカップ アジア2次予選の第2弾となるモンゴル、タジキスタン2連戦に向け、日本代表が7日からさいたま市内で始動した。今回のシリーズは絶対的1トップ・大迫勇也(ブレーメン... 続きを読む

ミャンマー戦、久保建英の起用法は? 泥んこピッチにベタ引きの相手…驚異の18歳に求められる役割とは?

 2022年カタール・ワールドカップへの新たなスタートとなる2次予選初戦・ミャンマー戦が10日に迫ってきた。日本代表は6日にヤンゴン入りし、7日からトレーニングを行なっているが、現在のミャンマー... 続きを読む

初のW杯予選に挑む久保建英。年代別代表の「アジアの舞台」ではどんな活躍を見せてきたのか?

「ハッキリ言って、重みが違うし、背負っているものも全然違うと思ってます。自分はU-17の予選、U-19の予選だったりでアジアで戦ってますけど、今度は『アンダー』もつかなくなる。相手も強くなります... 続きを読む

中田英寿、中村俊輔、本田圭佑…。久保建英が過去の代表スターを超える可能性は?

 9月1日のバレンシア戦でスペイン1部、ラ・リーガの初舞台を踏んだばかりの久保建英(マジョルカ)が3日から日本代表に合流した。「彼のクオリティが戦力になる」と森保一監督も期待を寄せていて、10日... 続きを読む

久保建英の招集は”制限付き”で!18歳の欧州組MFにつきまとう怪我とコンディションの不安

 23日にレアル・マドリードからマジョルカへレンタル移籍した久保建英。その彼の日本代表2連戦(9月5日=パラグアイ、10日=ミャンマー)招集がクラブからフライング発表され、2022年カタールワー... 続きを読む

原口元気は森保式3バックの切り札。長友よりもウイングバックへの適性は上だ

 就任15戦目となった5日のトリニダード・トバゴ戦で初の3バック導入に踏み切った森保一監督。9日のエルサルバドル戦もこれを継続する方針を打ち出した。メンバーは戦力手薄な3バック以外、ほぼ全員が入... 続きを読む

「ピッチ上ですべてを表現するしかない」18歳・久保建英のA代表デビューに向けた覚悟と決意

「A代表の試合をいつから見てるかは覚えてないですけど、(2018年ロシア)ワールドカップも行きましたし、だんだん近い存在になってきている。今回このタイミングで招集されて、ここはもう実力の世界。実... 続きを読む

森保ジャパンの絶対的司令塔、柴崎岳はロシアW杯の輝きを取り戻せるか

 森保一監督が9月から始まる2022年カタール・ワールドカップアジア予選への重要な積み上げの場と位置付けるチャレンジカップ2連戦。主将・吉田麻也(サウサンプトン)が不在のなか、3月のボリビア戦に... 続きを読む

吉田不在の最終ラインの牽引役に。冨安健洋はこの2連戦で、コパ・アメリカへ弾みをつける

 今回のキリンチャレンジカップ2連戦はキャプテンの吉田麻也(サウサンプトン)が不在。そこで最終ラインの牽引役として期待されるのが、20歳の冨安健洋(シントトロイデン)だ。2018年ロシア・ワール... 続きを読む

「今までなかった感じのサッカーになると思う」中島翔哉が久保建英との共演に意欲!

「新しい選手が何人も入ってきたし、みんないい選手なんで、楽しく協力しながら2試合いいプレーをして勝てたらいいと思います」  森保一監督率いる新生日本代表の看板アタッカー・中島翔哉(アルドゥハイル)... 続きを読む

「こいつら、巧いよ」トルシエが惚れ込んだ黄金世代。平成日本サッカー史に与えた、絶大なる影響

 1999年4月24日。ナイジェリアで開催されたワールドユースの決勝に勝ち上がったU-20日本代表は、シャビを擁する強豪スペインとの最終決戦に挑んだ。  日本の快進撃は世界を震撼させたが、大黒柱の... 続きを読む

ユース年代から10年来の森保監督との深い絆。香川真司に託された新生代表でのタスク

「(昨年の)9月、10月と代表に呼ばれない中で9月は久しぶりにゆっくりしたけど、10、11月になってくるとちょっともどかしい気持ちを自分の中で感じた。当時ドルトムントで出られてなかったし、余計に... 続きを読む

サッカーダイジェストの最新号

ページトップへ