スチュアート・ブレナン 新着記事

無冠がほぼ確定… ペレグリーニの命運を握るのは―― 【マンC番記者】

 44年ぶりのリーグ優勝を果たし、ディフェンディングチャンピオンとして臨んだ2012-13シーズン、マンチェスター・シティは脆くも敗れ去った。  優勝メンバーがほぼそっくりそのまま残ったものの、攻... 続きを読む

近視眼的な勝利至上主義が嘆かわしい 【マンC番記者】

 マンチェスター・シティは、本当に危機的状況に陥っているのか。たしかに、チャンピオンズ・リーグを含めた直近6試合は3勝1分け2敗だ。しかし、1年前を振り返ってみよう。12節終了時点で、昨シーズン... 続きを読む

素顔のペレグリーニ 【マンC番記者】が明かす知将の実像

 ロベルト・マンチーニ前監督時代、チームの雰囲気は殺伐としていた。  マンチーニは頭に血が上りやすい激情家、しかもカルロス・テベス(現ユベントス)やエマニュエル・アデバヨール(現トッテナム)、マリ... 続きを読む

トゥーレ・ヤヤ移籍騒動の顛末 【マンC番記者】が改めて真相に迫る

 トゥーレ・ヤヤの移籍騒動は、いわば夏の風物詩だ。オリンピアコス在籍中もそうだったし、バルセロナでもそうだ。ヤヤは現状に不満を持っている――そんな内容の発言を、代理人のディミトリ・セルクは繰り返... 続きを読む

開幕3試合で何が見えた? 【マンチェスター・シティ】のスタートを番記者が診断

 8月16日に開幕したプレミアリーグは、9月頭の代表ウィークまでに3節を消化した。  スタートから3試合で、何が見えたのか? プレミアのメガ5クラブに密着する各番記者が、それぞれのチームの滑り出し... 続きを読む

【番記者通信】チームワークで果たした歓喜の戴冠|マンチェスター・C

 期待は漏れなく裏切る。それがマンチェスター・シティというクラブだった、そう、かつては。いまは違う。  シティは3年間で二度目の優勝を果たした。リバプールとのマッチレースは最終節までもつれたものの... 続きを読む

【番記者通信】賞レースとタイトルレース、言うまでもないその軽重|マンチェスター・C

 PFA(プロ選手協会)が選ぶ今シーズンの各賞が発表された。リバプールのルイス・スアレスのMVPは妥当だろう。驚きだったのは、MVPにノミネートされた6人の最終候補に名を連ねたシティの選手が、ト... 続きを読む

【番記者通信】存在価値を証明したゼコに注目の夏|マンチェスター・C

 エディン・ゼコの契約延長交渉が始まる。  シーズン前半は、エースのセルヒオ・アグエロと新加入のアルバロ・ネグレドが抜群のコンビネーションを見せ、その後塵を拝していた。だが、アグエロとネグレドの負... 続きを読む

【番記者通信】柔軟さに欠けたペレグリーニに責任の一端|マンチェスター・C

 マンチェスター・シティのスカッドは、プレミアリーグでベストだ。問題は、優勝するチームがつねにベストのスカッドを持ったチームだとは限らないことだ。 残り4試合でシティの勝点は74。一方、消化試合... 続きを読む

【番記者通信】レッテルをはがし、新時代の入り口に|マンチェスター・C

 残り6節の時点でのデータだ。シーズンを通してシティが起用した選手の数は23人。リーグで最少だ。覇権を争うチェルシーとリバプール、そしてアーセナルは25人、7位に沈むマンチェスター・ユナイテッド... 続きを読む

【番記者通信】ダービーが証明した立場の逆転|マンチェスター・C

 マンチェスター・ダービーで0-3の完敗を喫したユナイテッドのファンは、その結果以外にも屈辱を味わった。 オイルマネーでのし上がり、カネで成功を買ったとこき下ろしていた相手より、実はカネを使って... 続きを読む

【番記者通信】選手の安全は誰が守るのか?|マンチェスター・C

「世界有数のフットボーラーの安全よりも、トンネルの壁にできた傷を心配する」 イングランド・サッカー協会(FA)に与えられた最新の汚名である。シティが2-0で勝利した3月15日のハル戦は、問題視さ... 続きを読む

【番記者通信】生まれ変わったナスリの権利|マンチェスター・C

 サミア・ナスリがフランス代表の招集メンバーから外れた。3月5日の親善試合、オランダ戦に呼ばれなかったのが、シティのチームメイトやファンにとって驚きのニュースだったのは、精彩を欠いた過去2シーズ... 続きを読む

【番記者通信】アブダビの王族の本気|マンチェスター・C

 マンチェスター・シティを所有するのは、ご存じのようにアブダビの王族だ。シティを買収したのは道楽のひとつだと、世間一般にはそう思われている。つい先日、私はイスラエルのテレビ局からシティについての... 続きを読む

【番記者通信】静寂が表わすチームの現状|マンチェスター・C

 その日を、誰もが心待ちにしていた。世界的な注目を浴びるという意味では、クラブ史上最大の試合。ワクワクとドキドキが止まらなかった。 UEFAはこう“認定”していた。「全世界から注目を集める試合。... 続きを読む

サッカーダイジェストの最新号

ページトップへ