【番記者通信】静寂が表わすチームの現状|マンチェスター・C

カテゴリ:メガクラブ

スチュアート・ブレナン

2014年02月25日

10人のシティには、バルサは荷が重すぎた。

54分にリオネル・メッシを倒したデミチェリス(26番)の一発退場が痛かった。 (C) Getty Images

画像を見る

 その日を、誰もが心待ちにしていた。世界的な注目を浴びるという意味では、クラブ史上最大の試合。ワクワクとドキドキが止まらなかった。

 UEFAはこう“認定”していた。
「全世界から注目を集める試合。ファイナルを除けば、最大級のビッグマッチとなる」

 スーパーなタレントを揃えたあの精鋭集団の試合は、いつだってファンの興味を惹きつける。とはいえ、それだけではここまで大きな関心は呼ばない。もう一方のチーム、つまり我々の側もハイレベルだったからこそ、ファイナルに迫るようなビッグマッチと位置付けられたのだ。

 実際、今シーズンのマンチェスター・シティは、時に息を飲むほどの素晴らしいパフォーマンスを見せる。シンプルなパス&ムーブで敵の守備網を切り裂き、強力FW陣がとどめを刺す。破壊力は凄まじく、公式戦を通じてここまで115ゴールを奪っている。マヌエル・ペレグリーニ新監督の下、進化を続けるシティの実力は本物か、それを推しはかる試金石としても、本拠地イティハド・スタジアムにバルセロナを迎え撃った一戦、チャンピオンズ・リーグの決勝トーナメント1回戦・第1レグは、世界中の関心を集めていた。

 迎えたその日、2月18日。世界が注目したビッグマッチは、バルサの勝利に終わった。2-0。メッシを倒してPKを与えたマルティン・デミチェリスのファウルは、ペナルティーエリアの外だった。微妙な判定を味方につけたバルサは、54分、このPKをメッシがみずから蹴り込んで先制すると、ネイマールとのパス交換からダニエウ・アウベスが終了間際の90分に決定的な2点目を決めた。

 メッシへのファウルでレッドカードを食らったデミチェリスが退場し、10人になったシティには、バルサは荷が重すぎた。自慢の攻撃陣も、セルヒオ・アグエロをハムストリングの怪我で欠き、沈黙した。

 健闘を称える拍手がやんで訪れた静寂が、シティの現状を象徴しているようだった。


【記者】
Stuart BRENNAN|Manchester Evening News
スチュアート・ブレナン
マンチェスターの地元紙『マンチェスター・イブニング・ニュース』のフットボール記者で、2009年から番記者としてシティに密着。それまではユナイテッドを担当し、両クラブの事情に精通する。

【翻訳】
松澤浩三
【関連記事】
【番記者通信】エースが残留するメリット|マンチェスター・U
【番記者通信】モウリーニョが仕掛けた”口撃”の真意|チェルシー
【番記者通信】ミラクルの再現を密かに|リバプール
【番記者通信】トロフィーの数ではない功績|アーセナル

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月6日発売
    MANCHESTER UNITED
    「新・黄金時代」の幕開け
    新生ユナイテッドの
    魅力と可能性に迫る!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ