【番記者通信】ダービーが証明した立場の逆転|マンチェスター・C

カテゴリ:メガクラブ

スチュアート・ブレナン

2014年04月01日

赤のチームは痛々しく足をひきずりながら…。

シティがアウェーで完勝したダービーマッチは、完全なる立場の逆転を印象づけた。 (C) Getty Images

画像を見る

 マンチェスター・ダービーで0-3の完敗を喫したユナイテッドのファンは、その結果以外にも屈辱を味わった。

 オイルマネーでのし上がり、カネで成功を買ったとこき下ろしていた相手より、実はカネを使っていて、なおかつ惨敗したのだ。ダービーマッチに先発した11人の獲得費用の総額は、シティの1億8820万ポンド(約301億円)に対し、ユナイテッドは2億870万ポンド(約334億円)だ。

 アレックス・ファーガソン前監督のモットー、「バリュー・フォー・マネー(お買い得)」は、実際は絵に描いた餅に終わっていたわけだ。リオ・ファーディナンドの移籍金は、GKジョー・ハートを含めたシティの最終ラインの移籍金総額とほぼ同じだ。完全な傍観者となっていたマルアン・フェライニの移籍金は、シティの中盤で眩いほどの輝きを放ったトゥーレ・ヤヤ、サミア・ナスリ、ダビド・シルバの誰よりも高額だ。

 3000万ポンド(約48億円)の価値はないと酷評されたフェルナンジーニョは、いまやシティに不可欠の戦力で、チームを一段上のレベルへと押し上げた。3700万ポンド(約59億円)のファン・マヌエル・マタがユナイテッドにもたらしたインパクトは、はたしてどれほどのものか。

 賢い投資をしているのは、明らかにシティのほうだ。アカデミーも充実一途で、ユナイテッドのそれを完全に凌駕している。なにしろ、ユナイテッドの主砲ロビン・ファン・ペルシとコーチのフィル・ネビルが、ともに愛息をシティのアカデミーに預けているほどだ。

 シティを所有するアブダビの王族は、国家のPRを兼ねたビジネス的な投資としてサッカー界に進出した。アラブ首長国連邦(UAE)を構成するアブダビ首長国を、いわば世界地図に載せるためのプロジェクトが、シティの買収だったわけだ。そして、シティの成功とともに、アブダビの知名度は上がり、いまや人気の観光地となっている。

 一方、サッカー界の一大ブランドであるユナイテッドは、アメリカの富豪グレイザー一族の買収以降、借金まみれのクラブになってしまった。

 もちろん、堕ちてもユナイテッドだ。偉大なクラブであることに変わりはなく、世界的なブランド力はいまなお強力だ。しかし、マンチェスターの街では立場が逆転した。青のチームが実権を握り、その脇を赤のチームが足を引きずりながら痛々しく歩いている。

【記者】
Stuart BRENNAN|Manchester Evening News
スチュアート・ブレナン/マンチェスター・イブニング・ニュース
マンチェスターの地元紙『マンチェスター・イブニング・ニュース』のフットボール記者で、2009年から番記者としてシティに密着。それまではユナイテッドを担当し、両クラブの事情に精通する。

【翻訳】
松澤浩三
【関連記事】
【番記者通信】選手の安全は誰が守るのか?|マンチェスター・C
【番記者通信】生まれ変わったナスリの権利|マンチェスター・C
【番記者通信】アブダビの王族の本気|マンチェスター・C
【番記者通信】静寂が表わすチームの現状|マンチェスター・C
新天地でも暴れる野獣――ネグレド|マンチェスター・C

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ