【番記者通信】賞レースとタイトルレース、言うまでもないその軽重|マンチェスター・C

カテゴリ:メガクラブ

スチュアート・ブレナン

2014年05月06日

チームとしての結果がすべてだ。

2年ぶりの優勝に王手をかけたシティ。個人を表彰する賞レースでは意外な低評価だったが、タイトルレースで勝者になることがなにより重要だ。 (C) Getty Images

画像を見る

 PFA(プロ選手協会)が選ぶ今シーズンの各賞が発表された。リバプールのルイス・スアレスのMVPは妥当だろう。驚きだったのは、MVPにノミネートされた6人の最終候補に名を連ねたシティの選手が、トゥーレ・ヤヤだけだったという事実だ。
 
 ちなみに、ガリー・ネビルとジェイミー・キャラガーの2人の解説者が選ぶ『Sky Sport』の年間ベスト11に選出されたのも、トゥーレ・ヤヤが唯一だ。PFAのベスト11には、CBのヴァンサン・コンパニが選ばれたが、シティの選手への評価は総じて低い。
 
 一方で、こんな調査結果がある。世界50か国の計15万人を対象にした『ESPN』のアンケートだ。「あなたが選ぶ究極の11人は?」と銘打った、ブラジル大会に出場する32か国の選手でベスト11を作る企画で、トゥーレ・ヤヤとセルヒオ・アグエロがその「究極のチーム」に選出されたのだ。プレミアリーグから選ばれたのはこの2人だけだ。
 
 ちなみに、究極のベスト11のシステムは4-3-3で、アグエロとともに3トップに選ばれたのはクリスチアーノ・ロナウドとリオネル・メッシだ。
 
 さらに付け加えれば、イングランド人選手はひとりも選ばれず、レイトン・ベインズが14パーセントの支持率で左サイドバックの3位に入ったのが最高だ。
 
 世界的なファン投票(ESPN)と、プレミアの選手(PFA各賞)や識者の見解は、本来同列に語るべきものではないだろう。ただ、イングランド国内と国外での選手に対する小さくない評価の違いが、垣間見える事実ではあるはずだ。
 
 もっとも、個人を表彰するアワードの結果に目くじらを立てるつもりはない。シティとしても、気にしてはいないだろう。フットボールの世界は、チームとしての結果がすべてだ。
 
 どちらもホームでの残り2試合、アストン・ビラ(5月7日の29節延期分)とウェストハム(5月11日の最終節)から勝点4を奪えば、2シーズンぶりの覇権奪還だ。
 
 賞レースとタイトルレース、どちらが重要か、その答は言うまでもない。
 
【記者】
Stuart BRENNAN|Manchester Evening News
スチュアート・ブレナン/マンチェスター・イブニング・ニュース
マンチェスターの地元紙『マンチェスター・イブニング・ニュース』のフットボール記者で、2009年から番記者としてシティに密着。それまではユナイテッドを担当し、両クラブの事情に精通する。
 
【翻訳】
松澤浩三

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月5日発売
    欧州サッカーの1年を凝縮!
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の保存版をお届け
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト6月27日号
    6月13日発売
    久保建英は欧州へ旅立つ?
    「夏の㊙移籍ファイル」
    テーマ別に総チェック!
    大宮&大分特集も必見
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月19日発売
    2019-2020シーズンは
    この布陣で戦え!
    メガ14クラブ「最強モデル」
    第2特集は“リバプールに学べ”
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ