松尾祐希 新着記事

高校年代の最高峰リーグはなぜ中止になったのか? その舞台裏と、1年限定で発足した新リーグとは?

 新型コロナウイルスの感染拡大で多くのイベントが影響を受けてきた。スポーツ界も例外ではない。サッカー界も厳戒態勢が続いており、6月27日から再開したJリーグはリモートマッチ(無観客試合)での開催... 続きを読む

【インタビュー】晴山 岬/町田ゼルビア ー夢を持つ大切さー

 晴山岬は憧れの眼差しで見ていた。「12年の選手権で先輩がベスト8に入ったのを間近で見て、全国を意識するようになった」 そして自身は帝京長岡高で過去最高成績となる4強入りに貢献し、「こうして夢を... 続きを読む

山形入団内定、尚志高・阿部要門が持つ特大級のポテンシャル!染野唯月の教えとエースの責任感を携えて――

 当たり負けしない屈強な身体に、パンチの効いた豪快なシュート。185センチ・79キロの体躯から繰り出すパワフルなプレーは高校年代で頭ひとつ抜きん出ている。 昨年の染野唯月(現・鹿島)に続き、尚志... 続きを読む

【情報を武器に! 気になるギョーカイ最前線】 サッカー界のトレンド「GPS機器」 。その可能性は?

選手の試合中の走行距離や、心拍数などの状態を計測するGPS機器。プロはもちろん、大学や高校でも使われ始めている。サッカー界のトレンドアイテムは現場でどんな風に使われているのか、どんな効果をもたら... 続きを読む

プロフットサルプレーヤー清水和也の挑戦を支えるヒュンメルシューズ

 スペインフットサル1部リーグ コルドバに所属するプロフットサルプレーヤー清水和也にとって、シューズは身体の一部のようなものである。プレーの精度に大きく関わるシューズは相棒と言っても過言ではなく... 続きを読む

選手権4強の矢板中央が再始動!異例の公式戦ユニホーム着用で紅白戦を開催した指揮官の想い

 グラウンドに子供たちの明るい声が戻ってきた。 新型コロナウイルスの影響で活動自粛となってから約3か月。栃木県にある矢板中央高が6月初旬からトレーニングを再開している。 2月27日の政府からの要... 続きを読む

「強化方法の真価も問われる戦いになる」3大会連続のU-20W杯出場へ、指揮官が描くコロナ禍でのチーム作りとは?

 今秋にウズベキスタンで開催されるU-19アジア選手権。新型コロナウイルスの影響でほとんど活動ができていない中で、影山雅永監督はU-19日本代表をどのようにして強化していくのか。ベスト4以上に与... 続きを読む

「非常に難しいタスク」コロナ禍を乗り越え…U-19日本代表はW杯出場権を獲得できるのか?

 1年前、影山雅永監督はポーランドの地で静かにピッチを見つめていた。 2019年6月4日に行なわれたFIFA U-20ワールドカップのラウンドオブ16。ポーランドの南西に位置するルブリンでU-20... 続きを読む

【ボディメンテ ゼリー×静岡学園】 選手権優勝というゴールからの逆算 ~自由な環境の中で磨かれたセルフマネジメント術~

合言葉は“単独優勝”だった。1995年の両校Vから24年。静岡学園が選手権を制し、真紅の大旗を持ち帰った。チームが貫いた信念、選手育成、コンディション管理。 物足りなかった... 続きを読む

「クラブ運営が危険視されている…」日本人駐在員が見たイタリア・サッカー界の混迷を極める現状とは?

 新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない。4月7日に東京、神奈川、千葉、埼玉、大阪、兵庫、福岡へ緊急事態宣言が発出され、16日には対象範囲が全都道府県に拡大された。その影響を受け、様々な業種が... 続きを読む

新人獲得にJスカウト陣も困窮…未曽有の危機がプロ志望の最終学年世代に及ぼす影響とは?

 感染拡大が続く新型コロナウイルス。日本では感染者数が8000人を超え、サッカー界でもJFAの田嶋幸三会長やヴィッセル神戸の酒井高徳などが感染し、大きな影響が出ている。 現時点で2月21日に開幕... 続きを読む

静岡学園や昌平、Jユースでも練習中止の事態…休校要請でサッカー界は育成年代にも甚大な影響が!

 新型コロナウイルスの影響が各方面に波紋を広げている。2月27日に安倍晋三首相が小中学校、高校、特別支援学校に臨時休校を要請。翌日には北海道で緊急事態宣言が出されるなど、新型コロナウイルスのニュ... 続きを読む

「今年も強くないといけないと思っていたのに…」県新人戦の敗北で“日本一”静岡学園に生まれた意識の変化

 青森山田との激闘を鮮やかな逆転劇で制した今冬の高校サッカー選手権決勝から約1か月半。悲願の単独初優勝を果たした静岡学園が2度目の頂点を目指し、新たなスタートを切っている。 今季の核は昨季の選手... 続きを読む

元Jリーガーを父に持つ逸材に、大久保嘉人を彷彿させる1年生も…Jスカウト陣も視察した九州新人大会で輝きを放った11人

 高校サッカー選手権が終了して約1か月。各チームは新たなシーズンに向け、スタートを切っている。各地でフェスティバルなどが行なわれるなか、毎年恒例の九州高等学校(U-17)サッカー大会が2月15日... 続きを読む

西川潤、武田英寿、荒木遼太郎…注目の高卒ルーキーたちの現状は?開幕スタメンの可能性は…

 Jリーグの開幕まで2週間を切った。各チームは1月上旬から始動しており、今季に向けた準備が着々と進んでいる。今季からJの舞台に加わった“高卒ルーキー”たちも新たな環境で奮... 続きを読む

サッカーダイジェストの最新号

ページトップへ