松尾祐希 新着記事

Jユースをも凌駕する強さ! 青森山田はなぜ過去2例しかないプレミア開幕6連勝を達成できたのか?

 青森山田の勢いが止まらない。高校サッカー選手権では2年連続で準優勝に終わったが、今季はU-18高円宮杯プレミアリーグEAST開幕から6戦全勝で総得失点も23得点・1失点。圧倒的な結果で&ldq... 続きを読む

昨季プロ5名輩出の興國高に驚異の1年生ドリブラーが台頭! 中3時のJ1横浜練習参加で意識変化

 近年、Jリーガーを同学年から複数名の選手を輩出している大阪府の興國高。昨季も5名の選手がJの世界に飛び込み、樺山諒乃介(現・横浜F・マリノス)が今季のJ1開幕戦でルーキーながらスタメン出場を果... 続きを読む

大岩剛監督も高評価!! プロ注目の神村学園2年生FW、初のU-18日本代表で進化を証明。圧巻2発で存在感!

 2試合で2ゴール。チームは1勝1敗で自身の出来も得点以外は納得できるパフォーマンスではない。だが、残したインパクトは強烈だった。 5月5日から9日までU-18日本代表は福島県のJヴィレッジで合... 続きを読む

浦和も注目の京都橘エースストライカーに指揮官が敢えて投げ掛けた厳しい言葉「このままではプロに行っても…」

 京都橘にとって、背番号7は特別だ。仙頭啓矢(鳥栖)などが背負い、近年では岩崎悠人(千葉)がエースナンバーを託されて躍動した。上記に挙げたふたりはエースを務めただけでなく、キャプテンとして京都橘... 続きを読む

Jクラブも注目する逸材!静岡学園の190cmDFが世代別代表を経験してさらなる進化「基準が上がった」

 190cmのサイズと正確な足下の技術。現代のCBに求められる要素を兼ね備えた静岡学園の伊東進之輔(3年)が右肩上がりで成長を続けている。 4月17日に行なわれたプリンスリーグ東海3節の帝京大可... 続きを読む

「とんでもない潜在能力」とU₋17日本代表・森山監督も絶賛! 飛び級招集で輝きを放った15歳の点取り屋に飛躍の予感

 今春から名古屋で新たな挑戦をスタートさせた15歳のストライカーが、自らの足でFWとしての価値を証明した。 4月12日から4日間の日程で行なわれたU-17日本代表候補合宿。今秋のU-17ワールド... 続きを読む

昌平の切り札は第二の内田篤人になれるか? 選手権で決定力を発揮してきた“9番”がサイドバック転向のワケ

 昌平の新キャプテンとなった篠田大輝(3年)と言えば、決定力を武器に下級生時から名を馳せてきたアタッカーだ。昨季までは須藤直輝(現・鹿島)らを擁するチームにおいて、攻撃の切り札として活躍してきた... 続きを読む

プレミア開幕戦で“規格外”の片鱗! セネガル人の父を持つ流経大柏2年生守護神の底知れぬポテンシャル

 GK林彰洋、DF小川諒也(ともにFC東京)など日本代表選手を輩出してきた流経大柏に、楽しみな逸材がまたひとり出てきた。高校2年生のデューフ・エマニエル・凛太朗だ。 セネガル人の父と日本人の母の... 続きを読む

【プレミアリーグEAST展望】高校年代最高峰リーグが2年ぶりに開催!優勝争いは柏、青森山田を軸に展開か?

 高円宮杯JFA U-18サッカープレミアリーグが幕を開ける。昨季は新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、二度の開幕延期を経て大会が中止になった。そのため、参加予定だったチームは各地域のプリン... 続きを読む

「去年は迷いがあった」青森山田の10番・松木玖生が明かした昨季の苦悩。変貌のカギは“スプリント”

 1年次から強豪校の主軸を張ってきた俊英にとって、勝負の1年が幕を開ける。 3月中旬に福岡県で行なわれたサニックス杯国際ユースサッカー大会。青森山田の松木玖生(3年)は昨年から背負う10番のユニ... 続きを読む

「得点王を目指して…」C大阪U-18から東福岡へ“移籍”したアタッカー大渕来珠は王座奪還の切り札となれるか

 高校サッカー選手権を最後に制してから6年。王座奪還を目指す東福岡高にセレッソ大阪U-18から頼もしいアタッカーが加わった。 3月26日から28日にかけて開催された船橋招待U-18サッカー大会。... 続きを読む

【サニックス杯ベスト11】すでにプロデビュー済みの俊英から期待の1年生まで――シーズンの前哨戦で輝いた原石たち!

 4月3日に開幕するU-18高円宮杯プレミアリーグ。各地域のプリンスリーグや都道府県リーグも同時期に幕を開ける予定で、Jクラブから熱視線を浴びる選手や世代別の日本代表で活躍する選手など、新たな選... 続きを読む

恩師も「底が知れない」と語る潜在能力。U-24日本代表に選出された17歳・中野伸哉が急成長を遂げたワケ

 17歳7か月でのU-24日本代表入り――。  昨季からサガン鳥栖のトップチームでプレーする中野伸哉は、東京五輪を目指すチームに招集される可能性は限りなく小さかった。しかし、高校2年生だった昨年... 続きを読む

サガン鳥栖からまた超新星! U-24代表選出の中野に続く16歳アタッカーが、サニックス杯で見せた格の違い

 松岡大起、本田風智、中野伸哉――。近年、アカデミー出身者の台頭が著しいサガン鳥栖において、楽しみなタレントがまたひとり現われた。 福井太智、16歳。今春に高校2年生を迎えるが、その実力は高校年... 続きを読む

中学時代は無名の控え選手が高校年代屈指のGKに! 大成高の守護神バーンズ・アントンが高卒プロ入りを掴むまで

 中学時代は無名の存在だった。選抜チームに選ばれた経験は皆無で、所属するトリプレッタジュニアユースでも立場は控えGK。本人も高卒でプロ入りを果たせるとは思っていなかった。しかし、人生は何が起こる... 続きを読む

サッカーダイジェストの最新号

ページトップへ