【浦和】“今年最も走った”主将の阿部勇樹が関根貴大ら若手に背中で伝えた想い。「プロになる前からの仲間」という引退宣言した鈴木啓太と交わした約束とは?

カテゴリ:Jリーグ

塚越 始(サッカーダイジェスト)

2015年11月25日

引退を発表した鈴木のセレモニー後、ロッカールームで、阿部、鈴木、那須の3人が誓ったこととは――。

長きに渡って阿部ともに浦和の中盤を支えてきた鈴木が、第2ステージ最終節の神戸戦後に引退を表明。試合後の記念写真の撮影では同世代の那須(写真左)、阿部とともに収まった。

画像を見る

 阿部は鈴木の存在について、次のように語っていた。
 
「プロになる前から戦ってきた仲間。リーグ戦最後のホーム戦で勝てたけど、まだまだ試合はある。また、一緒に喜びたい」

【J1 PHOTOハイライト】浦和 5-2 神戸&鈴木啓太 引退セレモニー
 
 浦和の屋台骨となってふたりで支えてきた。アテネ五輪を目指したU-21~23代表でも、A代表でも、時間をともにしてきた。そんな“パートナー”との一番の思い出について訊かれると少し考えて、「ACLのチャンピオンになった年(2007年)。でも、けっこうそれから時間が経っている。新たな思い出を作りたい。そうして啓太を送り出したい」と語っていた。
 
 試合後の鈴木を送り出すセレモニーでは、81年生まれの同級生である阿部と那須が花束のプレゼンターを務めた。鈴木としては、「ふたりが揃って、こっちに向かって歩いて来るのは、なんだか不思議な光景だった。手でもつないで来てくれれば面白かったのに(笑)」と思ったそうだ。
 
 同い年の3人が、センターサークルでひとつになる。涙はなく、笑い合っている。気心知れた仲。実に絵になる光景だった。
 
 そして花束を渡す際、阿部から鈴木に「まだまだ。次があるから」と声を掛けたという。
 
 チャンピオンシップと天皇杯の準々決勝が控えている。ある意味、浦和にとっては、ここからが本番。本当のお別れは、今ではないという想いが込められていたのだろう。
 
 そして、セレモニー後のロッカールームでのことだ。
 
 阿部、鈴木、那須の3人が、再び顔を揃えた。プロとして15年以上、それぞれまったく違った道を、時にチームメイトとして、時に敵味方として、そして時にライバルとして、切磋琢磨し合いながら歩みながら、ペトロヴィッチ監督の下で邂逅し、浦和で一時代を築いてきた。
 
「“谷間の世代”なんて言われたこともあったな……。最高の思い出を作りたいね」
 
 そう、3人は誓った。約束をかわした、と言っていいだろう。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト9月26日号
    9月12日発売
    世界が見た「Jリーグ」
    オシムやジーコら
    総勢51名に直撃!
    シンジ&ケンゴも登場!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月5日発売
    己の価値を証明せよ!!
    2019-2020シーズン版
    必見タレントFILE
    夏の大物移籍の舞台裏も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ