• トップ
  • ニュース一覧
  • 【J1&J2&J3全52クラブ/1試合平均観客動員・増減ランキング】J1リーグは「1ステージ制の14年」に比べ、「2ステージ制の15年」が上回る

【J1&J2&J3全52クラブ/1試合平均観客動員・増減ランキング】J1リーグは「1ステージ制の14年」に比べ、「2ステージ制の15年」が上回る

カテゴリ:Jリーグ

2015年11月24日

「総観客動員数の増減ランキング」1位~9位|スタジアムを改築した川崎が73,735人増加。

総観客動員数1位:川崎(↑up)73,735人

画像を見る

 
 今季からJ1リーグは「2ステージ制」を採用したが、果たして観客動員数は増えたのか。Jリーグが公式に発表したデータを基に、1シーズン制の2014年と2ステージ制の2015年を比較した。そして最後にJ1、J2、J3の全52クラブを含めた、「1試合平均観客動員数の増減ランキング」も発表する。
 
 14年と15年のJ1リーグを比較するうえで、“2年連続のJ1所属”を条件とするため、今回はJ2から昇格した湘南、松本、山形の3クラブを除いた。それ以外のJ1・15クラブでデータを整理。ホーム17試合の「総観客動員数」と「1試合平均観客動員数」の項目で、14年と15年の増減を弾き出しながら、「14年&15年 J1・15クラブ観客動員増減ランキング」を作成した。
 
 まずは 「総観客動員数」がアップしたクラブを見ていく。最も増員したのは、等々力陸上競技場のメインスタンドを改築した川崎。昨年に比べ7万人以上も増えている。チャンピオンシップに出場する浦和、広島、G大阪も人数を増やしており、降格した清水は約1万人の増加が見られる。

 
2014年と2015年を比較
J1・15クラブ「総観客動員数の増減ランキング」
(※ホーム
17試合。昇格組は今回除く)
 
■1位:川崎(↑up)73,735
14年:283,241人 → 15年:356,976人
 
■2位:FC東京(↑up)61,152
14年:428,184人 → 15年:489,336人
 
■3位:浦和(↑up)54,898
14年:603,770人 → 15年:658,668人
 
■4位:広島(↑up)23,548
14年:254,951人 → 15年:278,499人
 
■5位:神戸(↑up)21,327
14年:255,185人 → 15年:276,512人
 
■6位:G大阪(↑up)21,246
14年:250,738人 → 15年:271,984人
 
■7位:横浜(↑up)19,263
14年:392,496人 → 15年:411,759人
 
■8位:清水(↑up)10,067
14年:241,577人 → 15年:251,644人
 
■9位:柏(↑up)3,448
14年:182,161人 → 15年:185,609人
 
 

メインスタンドを改築した等々力陸上。今季、収容人数は20,693人から26,232人に増えた。

画像を見る

【関連記事】
【2015年J1リーグ】得点者216人の「シュート決定率ランキング」を発表! 宇佐美88位、大久保36位、佐藤16位――1位は神戸、横浜、広島、湘南勢
【川崎】3年連続得点王の大久保嘉人が“カモ”にしたのは――「3年間のクラブ別ゴール数ランキング」を発表!
【セルジオ越後の天国と地獄】やれチャンピオンシップだと興行を打つより、もっと先にやることはあるよ
【J2昇格記念インタビュー】レノファ山口/FW岸田和人「32得点はあくまで通過点。もっと上を目指したい」
連載|熊崎敬【蹴球日本を考える】過去最悪の9位に沈んだ千葉の敗因は?
【FC東京】結果にこだわりながら結果を残せず失望のシーズンに。“地獄のセレモニー”を経て、絶望から這い上がれるか

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ