• トップ
  • ニュース一覧
  • 【浦和】“今年最も走った”主将の阿部勇樹が関根貴大ら若手に背中で伝えた想い。「プロになる前からの仲間」という引退宣言した鈴木啓太と交わした約束とは?

【浦和】“今年最も走った”主将の阿部勇樹が関根貴大ら若手に背中で伝えた想い。「プロになる前からの仲間」という引退宣言した鈴木啓太と交わした約束とは?

カテゴリ:Jリーグ

塚越 始(サッカーダイジェスト)

2015年11月25日

ある日の調整練習。若手組に加わったインターバル走で、常にトップを走っていたのが阿部だった。

4年連続で浦和のキャプテンとしてチームを引っ張る阿部。その姿はトレーニングの時から周囲の選手たちに大きな影響を与えている。(C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 日本代表組不在のなか、第2ステージ最終17節の神戸戦に向けた2日間のオフ明けの練習で、いったん身体に刺激を与える軽いメニューが組まれた。締めはジョギングとダッシュを混ぜた10分間のインターバル走を2セット。“軽い”とはいえ、決して“楽”ではない。
 
 選手たちがピッチの両サイドに2組に分かれる。そこで阿部がふと気付き、人数を数え出す。
 
 明らかにひと組のほうに偏っていたので、率先して人数の少なかったほうへ移る。
 
 阿部が加わったのは、2年目の関根、新人の斎藤と茂木らのいる、若手中心のグループだった。
 
 10分間走の1本目は、タッチライン沿いの約100メートルをゆっくりコーナーアークまでジョギングし、ゴールライン沿いの約70メートルでグッと一旦加速しスピードを落とすという繰り返し。2本目は、逆にゴールライン沿いの短い距離はジョギング、タッチライン沿いの長い距離は“ダッシュ&減速”をこなし、負荷が重くなる。
 
 なにかを競ったり、試したりする練習ではない。あくまでもコンディション調整の一環だ。それぞれが体調を考慮しつつ、心肺能力や身体に負荷をかけて、翌日からの実戦形式の練習に備える――というのが狙い。一緒に汗を流した堀孝史コーチも「まず、気持ち良く走ることを考えて」と選手たちに呼びかけていた。
 
 “若手組”がコーナー付近を折り返し、一瞬、グッと踏み込みダッシュで駆け抜ける。そこで、必ず先頭に立っていたのが、グループの中では最年長34歳の阿部だった。
【関連記事】
【浦和】鈴木啓太が“愛する人たち”の前で引退を発表。チームメイトから背番号と同じ『13』回の胴上げで送り出される
【浦和】引退を決断した鈴木啓太。「子どもの頃から、山あり谷ありだった」という人生を変えたオシム日本代表元監督のひと言、その生き様にリンクするニーチェの哲学
金田喜稔がカンボジア戦を斬る! 柏木に救われた日本。ハリルホジッチ監督はアジアの戦いを把握し切れていない
【J1&J2&J3全52クラブ/1試合平均観客動員・増減ランキング】J1リーグは「1ステージ制の14年」に比べ、「2ステージ制の15年」が上回る
【浦和インタビュー】キャリアハイの7ゴールを挙げる梅崎司が達した境地。「筋トレや自主トレの量を意識して減らした」
【浦和】G大阪戦後の“ある質問”に阿部勇樹が激怒。「正直、頭に来た」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ