【浦和】“今年最も走った”主将の阿部勇樹が関根貴大ら若手に背中で伝えた想い。「プロになる前からの仲間」という引退宣言した鈴木啓太と交わした約束とは?

カテゴリ:Jリーグ

塚越 始(サッカーダイジェスト)

2015年11月25日

「なによりも日々の練習が大事。練習で取り組んでいることが、すべて自然と試合では出るものだから」という阿部の信条。

トレーニングでも常に先頭を走る阿部の姿には、今やすっかり主軸となった関根も「そのタフさを見習いたい」と良い影響を受けている。写真:徳原隆元

画像を見る

 その後、繰り返される走り込みを見守り続けていると、“若手組”のダッシュするゾーンで、決まって先頭を走るのは阿部だった。
 
 それは10分走の2本目に入っても、変わらなかった。
 
 決して多くの言葉は語らない。背中でなにかを伝えようとする――。いや、このコンディション調整に過ぎない練習では、そんなことは一分一厘も考えていなかったに違いない。ただ、自然体で、そのような立ち居振る舞いをしてしまう。それが、まさに阿部だとも思えた。
 
「なにより日々の練習が大事。練習で取り組んでいることが、すべて自然と試合では出るものだから」
 
 そう語る阿部は代表組が不在で、無意識のうちにふと緊張が緩みそうななかでも、変わらず自己を追い込んでいた。ペトロヴィッチ監督から就任以来4年連続で、キャプテンに指名されてきた理由が、そんな光景からも分かる気がした。
 
 繰り返すが、あくまでも“速く走れば良い”というメニューではない。自分自身の身体と向き合いながら、コンディションを整えるのが目的である。
 
 そのあたりを踏まえたうえで、右ウイングバックのレギュラーとして今季フル稼働した若手の代表格と言える関根は、次のように「阿部の背中」について語っていた。
 
 「自分がやるべきことを、いかにすべきか。そこが基本であるなか、引っ張る姿勢を見せてくれている。そのタフな面は見習うべき部分」
 
 「背中」を見せることで、なにかを伝えてきたと言える。しかも今季Jリーグが集計を始めたトラッキングデータの「走行距離」で、浦和の中で最も走ったのが阿部だった。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト9月26日号
    9月12日発売
    世界が見た「Jリーグ」
    オシムやジーコら
    総勢51名に直撃!
    シンジ&ケンゴも登場!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月5日発売
    己の価値を証明せよ!!
    2019-2020シーズン版
    必見タレントFILE
    夏の大物移籍の舞台裏も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ