【浦和】“今年最も走った”主将の阿部勇樹が関根貴大ら若手に背中で伝えた想い。「プロになる前からの仲間」という引退宣言した鈴木啓太と交わした約束とは?

カテゴリ:Jリーグ

塚越 始(サッカーダイジェスト)

2015年11月25日

浦和史上最強の鉄人。阿部の今季の総走行距離363.08キロ、1試合平均10.68キロはチーム1位。

チーム一の運動量を誇る阿部。今季の総走行距離ではチーム随一の数値を叩き出した。(C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 阿部が今季記録した、総走行距離363.08キロ、1試合平均10.68キロは、いずれもチーム1位である。ちなみに、2位が柏木(総走行距離345.66キロ、1試合平均10.47キロ)、3位が槙野(総走行距離340.99キロ、1試合平均10.33キロ)だった。
 
 ただし、多くの選手や監督などからも指摘されているが、このデータもあくまで参考に過ぎないのかもしれない。例えば、阿部はCKなど攻守両方のセットプレー時に、敵陣と自陣のゴール前まで行くため、そこで守備に残る一部の選手よりも必然的に距離を稼げてしまうことになるからだ。
 
 その点、状況に応じて5バックにも、5トップにもなる浦和では、ウイングバックに求められるハードワークが、最も“過酷”だと言われる。
 
 一方、チーム全体をコントロールする「リンクマン」として、阿部は休む時間がほぼないまま、目に見えないような場面でも、黙々とチームのために走り続けているという事実が浮かび上がる。
 
 しかも、相手選手と対峙し厳しいフィジカルコンタクトが強いられるポジションであるにもかかわらず、誰よりも多く走り、リーグ全試合フル出場を成し遂げている。しかも、昨季に続いて、だ。他のシーズンも出場停止以外は全戦に出場している。

 浦和史上最強の鉄人と言って、過言ではないかもしれない。
 
「(リーグ最終戦を終えたが?)なにも終わっていない。戦いは続く。このメンバーで1試合でも長く戦いたい」
 
 5-2の大勝を飾った神戸戦、この日の阿部もチームに6人しかいなかった走行距離“10キロ越え”を計測していた。それでも彼は勝利の余韻に浸るどころか、早くも気持ちを切り替えて、先へ――チャンピオンシップを見つめていた。
 
 その阿部が発した「このメンバーで」という言葉には、今季限りでの引退をこの日発表した鈴木に対する想いがまず込められていた。長きに渡ってともに浦和の中盤を支えてきた、他ならぬ盟友を指していたのだ。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ