• トップ
  • ニュース一覧
  • 【ナビスコカップ決勝】“9.1パーセント”に懸けたG大阪の「不敗神話」が終焉。遠藤と今野も「負けるべくして負けた」と敗北を甘受

【ナビスコカップ決勝】“9.1パーセント”に懸けたG大阪の「不敗神話」が終焉。遠藤と今野も「負けるべくして負けた」と敗北を甘受

カテゴリ:Jリーグ

2015年11月01日

タイトルを明け渡し、10月下旬以降の不敗神話も終焉。

11月7日にはホームでの広島戦が控える。エースの宇佐美(39番)は得点ランキングで2位(トップの大久保とは3ゴール差)につけており、奮起が期待される。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 
 序盤に猛攻を受けて“混乱”が疫病のように広がり、先制点を与えた後は“動揺”が伝播し、三冠経験チーム同士の対決は鹿島に軍配が上がった。今季で3年目の長谷川体制において、10月下旬以降の黒星は初。それは終盤戦の「不敗神話」が途絶えたことを意味する(※年度別の詳細は次のページを参照)。
 
 3年間の10月下旬以降の戦績は、13年が5勝1分、14年が6勝2分。そして今季も10月21日に広州恒大にホームで引き分け、25日にアウェーで仙台に競り勝ち、尻上がりに調子を上げそうな予感を漂わせていた。ACLはベスト4で敗退も、2年連続の三冠も視界に捉えていただけに、ここでタイトルを獲得していれば“快進撃”の機運が高まったはずだ。
 
 結局、王座から引きずり降ろされてタイトルを明け渡し、終盤戦(10月下旬以降)の不敗神話も終焉。11月7日にはホームでの広島戦が控えているが、この一戦に敗れると広島の優勝に加え、G大阪は年間3位からの転落もあり得る。2試合続けて目の前で相手チームの胴上げという展開は、三冠王者にとって屈辱以外の何物でもない。
 
 もっとも、11月以降に限定すれば不敗神話は継続しており、広島戦で弾みをつけて再び波に乗れるか。真価が問われる一戦となりそうだ。
 
 
【関連記事】
【ナビスコカップ決勝】30分に起きた「西野→岩下」のCB“ドタバタ”交代劇。長谷川監督と岩下が舞台裏を明かす
【ナビスコカップ決勝】宇佐美は8戦不発と“スランプ状態”。鹿島の猛攻に晒されて「死に駒」と化す
【ナビスコカップ決勝|採点&寸評】試合を支配した小笠原。流れを引き寄せた序盤は無双状態
【セルジオ越後の天国と地獄】“ボロボロ”のガンバに勝っただけで、これでアントラーズを「強い」と錯覚してはいけない
【ナビスコカップ決勝】鹿島OB中田浩二の目/今回の優勝は、強さを取り戻すための“序章”
【ナビスコカップ決勝】柴崎岳が有言実行! 日本代表の先輩相手に宣言通りの勝利で大きな手応え
【ナビスコカップ決勝】鹿島の全得点に絡んだ小笠原。キャプテンの魂を焚きつけたタイトルへの飢えとチーム愛
【ナビスコカップ決勝|編集長の視点】勝敗を分けた指揮官のマネジメント力。宇佐美は戦術に消された
連載|熊崎敬【蹴球日本を考える】G大阪は何をしたかったのか

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ