• トップ
  • ニュース一覧
  • 【ナビスコカップ決勝】鹿島の全得点に絡んだ小笠原。キャプテンの魂を焚きつけたタイトルへの飢えとチーム愛

【ナビスコカップ決勝】鹿島の全得点に絡んだ小笠原。キャプテンの魂を焚きつけたタイトルへの飢えとチーム愛

カテゴリ:Jリーグ

増山直樹(サッカーダイジェスト)

2015年10月31日

最後まで足を止めず、眩い輝きを放った背番号40。

鹿島で多くのタイトルを勝ち獲ってきた小笠原。百戦錬磨のボランチは、栄えある舞台でひたむきにピッチを駆け回り、勝利を引き寄せた。写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 圧倒的な強さ――。栄えある舞台で鹿島が見せた姿は、どこから切り取っても勝者に相応しかった。

【ナビスコカップ決勝|PHOTOギャラリー】鹿島 3-0 G大阪
 
「前半から良い入りができた」と鹿島の選手が口を揃えたように、理想的な立ち上がりだった。激しくプレッシャーをかけてボールを奪い、シンプルかつアグレッシブにボールを前線に運ぶ。3分に遠藤康が中村とのワンツーでエリア内に侵入して最初のビッグチャンスを作ると、その後も多くのチャンスを生み出していく。
 
 前半だけで10本のシュートを放ち、4つの決定機を築いた。逆に打たれたシュートは2本で、被決定機は宇佐美に独走を許した23分のワンシーンだけ。まさに攻守でG大阪を制圧した。
 
 それでも、なかなかゴールが決まらない。嫌な予感が脳裏をよぎってもおかしくなかった。今季の第2ステージ10節では、大半の時間帯で流れを掌握しながら宇佐美の2発に屈している。ただし、「どんなに良い試合をしても、鹿島はタイトルを獲らないと評価されないチーム」と、遠藤康が自己分析するように、“ファイナル”での鹿島はひと味違った。
 
 相手に流れが行きかけた後半の立ち上がりを凌ぐと、CKからファン・ソッコのヘディングで先制点を奪取。その後も再びCKから金崎が追加点を挙げ、さらにカウンターからカイオがダメ押し点を奪い、危なげなく勝ち切ったのだ。
 
 ボールを支配してワンサイドゲームを実現した前半、機を逃さずに勝利を決定付けた後半。ともに文句の付けどころがない鹿島の強さは、G大阪の遠藤保をして「すべて相手が上回っていた」と言わしめるほど際立っていた。
 
 そして、そのなかでひと際眩い輝きを放ったのが、鹿島の背番号40だ。今年の4月で36歳を迎えた小笠原は、気持ちを前面に出したプレーで攻守に奮闘。最後まで足を止めることなく、結果的に3点に絡む活躍を見せてMVPに選ばれた。
【関連記事】
【鹿島インタビュー】ナビスコMVPの小笠原満男に訊く理想のボランチ像 「日本が世界の強豪に勝つにはボールを奪えなきゃいけない」
【ナビスコカップ決勝】鹿島OB中田浩二の目/今回の優勝は、強さを取り戻すための“序章”
【ナビスコカップ決勝|監督会見】初タイトルを手にした鹿島・石井監督「途中から『今日は勝てるんだな』という気持ちになった」
【セルジオ越後の天国と地獄】“ボロボロ”のガンバに勝っただけで、これでアントラーズを「強い」と錯覚してはいけない
【ナビスコカップ決勝】後半一気に3発! 鹿島が史上最多6度目の優勝!! 通算17冠目を達成。MVPには小笠原!!
【ナビスコカップ決勝】宇佐美は8戦不発と“スランプ状態”。鹿島の猛攻に晒されて「死に駒」と化す
【ナビスコカップ決勝】30分に起きた「西野→岩下」のCB“ドタバタ”交代劇。長谷川監督と岩下が舞台裏を明かす
【ナビスコカップ決勝】“9.1パーセント”に懸けたG大阪の「不敗神話」が終焉。遠藤と今野も「負けるべくして負けた」と敗北を甘受

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ