• トップ
  • ニュース一覧
  • 【ナビスコカップ決勝】“9.1パーセント”に懸けたG大阪の「不敗神話」が終焉。遠藤と今野も「負けるべくして負けた」と敗北を甘受

【ナビスコカップ決勝】“9.1パーセント”に懸けたG大阪の「不敗神話」が終焉。遠藤と今野も「負けるべくして負けた」と敗北を甘受

カテゴリ:Jリーグ

2015年11月01日

【LIVEトラッキング分析】「ボール支配率」「走行距離」「スプリント回数」の3項目でチェック。

G大阪はパトリック(29番)が徹底的にマークされ、攻撃の糸口を見い出せず。シュートもわずか5本に終わった。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 
 今回の決勝では「LIVEトラッキング」のデータが1分ごとに更新され、試合の推移を「ボール支配率」「走行距離」「スプリント回数」などで表示。15分ごとの数字は以下のとおりだ。
 
■ボール支配率
開始~15分 【鹿島】58パーセント/【G大阪】42パーセント
16分~30分 【鹿島】54パーセント/【G大阪】46パーセント
31分~45分 【鹿島】54パーセント/【G大阪】46パーセント
46分~60分 【鹿島】49パーセント/【G大阪】51パーセント
61分~75分 【鹿島】48パーセント/【G大阪】52パーセント
76分~終了 【鹿島】48パーセント/【G大阪】52パーセント
 
■走行距離
開始~15分 【鹿島】16.901 km/【G大阪】16.719 km
16分~30分 【鹿島】34.415 km/【G大阪】34.769 km
31分~45分 【鹿島】51.667 km/【G大阪】52.564 km
46分~60分 【鹿島】69.907 km/【G大阪】71.372 km
61分~75分 【鹿島】88.435 km/【G大阪】89,295 km
76分~終了 【鹿島】110.667km/【G大阪】108.979km
 
■スプリント回数
開始~15分 【鹿島】28回/【G大阪】27回
16分~30分 【鹿島】58回/【G大阪】59回
31分~45分 【鹿島】77回/【G大阪】84回
46分~60分 【鹿島】107回/【G大阪】111回
61分~75分 【鹿島】146回/【G大阪】150回
76分~終了 【鹿島】176回/【G大阪】179回
 
「ボール支配率」を見ると、最初の15分間は鹿島が攻勢を強めていたのが分かる。G大阪は後半から盛り返し、ボールを保持する時間が増えたものの、鹿島の先制後は前がかりになる時間が増加。逆にカウンターを浴びる機会が増えて、3点目も速攻から奪われた。
 
「走行距離」はどの時間帯も1キロ程度しか違わず、運動量自体はそう大きく違わない。守備で走らされていた感のあるG大阪だが、肝心の攻撃は機能不全に終わっており、最終的には鹿島のほうが上回っている。
 
「スプリント回数」は、最終的な数値はG大阪が3回多いものの、3得点の鹿島と3失点のG大阪では意味合いが異なると推察できる。シュート数は鹿島の24本に対して、G大阪は5本。それに照らし合わせれば、鹿島側は主に攻撃、G大阪は主に守備のものと言えそうだ。
【関連記事】
【ナビスコカップ決勝】30分に起きた「西野→岩下」のCB“ドタバタ”交代劇。長谷川監督と岩下が舞台裏を明かす
【ナビスコカップ決勝】宇佐美は8戦不発と“スランプ状態”。鹿島の猛攻に晒されて「死に駒」と化す
【ナビスコカップ決勝|採点&寸評】試合を支配した小笠原。流れを引き寄せた序盤は無双状態
【セルジオ越後の天国と地獄】“ボロボロ”のガンバに勝っただけで、これでアントラーズを「強い」と錯覚してはいけない
【ナビスコカップ決勝】鹿島OB中田浩二の目/今回の優勝は、強さを取り戻すための“序章”
【ナビスコカップ決勝】柴崎岳が有言実行! 日本代表の先輩相手に宣言通りの勝利で大きな手応え
【ナビスコカップ決勝】鹿島の全得点に絡んだ小笠原。キャプテンの魂を焚きつけたタイトルへの飢えとチーム愛
【ナビスコカップ決勝|編集長の視点】勝敗を分けた指揮官のマネジメント力。宇佐美は戦術に消された
連載|熊崎敬【蹴球日本を考える】G大阪は何をしたかったのか

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ