• トップ
  • ニュース一覧
  • 【ナビスコカップ決勝】宇佐美は8戦不発と“スランプ状態”。鹿島の猛攻に晒されて「死に駒」と化す

【ナビスコカップ決勝】宇佐美は8戦不発と“スランプ状態”。鹿島の猛攻に晒されて「死に駒」と化す

カテゴリ:Jリーグ

2015年10月31日

G大阪が放ったシュート5本のうち、宇佐美が3本を放つも…。

シュート3本を放つも、劣勢を強いられ不発に終わった宇佐美。23分には、約60メートルの独走ドリブルからシュートへ持ち込むなど見せ場も作ったが……。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 約60メートルの独走ドリブルが、最大にして唯一の見せ場だった。
 
 大一番で最近の定位置である左MFで先発した宇佐美貴史は、対峙した鹿島の遠藤康や西大伍の上がりに引っ張られる形で守備に奔走。左サイドで攻撃の起点となった回数は、片手で足りるほどしかなかった。
 
 G大阪サポーターを最も熱狂させたのが、冒頭のドリブルだ。23分、鹿島のFKを撥ね返すと、自陣のエリア前でこぼれ球を拾った宇佐美が相手ふたりを引き連れながら約60メートルもの距離を力強く持ち上がり、左足を振り抜いた。シュートは惜しくもGKに止められたが、“得点の匂い”を感じさせた数少ないシーンだ。
 
 宇佐美はいくつかの敗因を指摘する。ひとつ目は、最前線のパトリックが機能不全に陥った点だ。
 
「前(パトリック)になかなかボールが収まらない状況が続いたので、後ろから前に行けない展開が続いた」
 
鹿島の激しく、素早い寄せに潰される場面が続出し、仕掛けの局面で考える時間もスペースもないに等しかった。
 
 また、守備面でも「序盤からウチはなかなかギアが入らなかったけど、鹿島は出足が良く、セカンドボールも拾われた。ガンバに慢心があったかどうか分からないけど、向こうに勢いがあった」と振り返る。長谷川健太監督も指摘したとおり、局面での攻防でことごとく後手を踏み、終始、劣勢に回った感は否めない。
 
 シュート数の差が、この日の攻防を物語る。G大阪の5本(前半2本、後半3本)に対して、鹿島は24本(前半10本、後半14本)。宇佐美は5本中3本のシュートを放っており、攻撃が機能不全に陥ったなかで唯一の光となっていたと言える。
【関連記事】
【セルジオ越後の天国と地獄】“ボロボロ”のガンバに勝っただけで、これでアントラーズを「強い」と錯覚してはいけない
【ナビスコカップ決勝】後半一気に3発! 鹿島が史上最多6度目の優勝!! 通算17冠目を達成。MVPには小笠原!!
【ナビスコカップ決勝|採点&寸評】試合を支配した小笠原。流れを引き寄せた序盤は無双状態
【ナビスコカップ決勝|編集長の視点】勝敗を分けた指揮官のマネジメント力。宇佐美は戦術に消された
【ナビスコカップ決勝|監督会見】完敗のG大阪・長谷川監督「鹿島のプレッシャーが非常に速かった」
【ナビスコカップ決勝|監督会見】初タイトルを手にした鹿島・石井監督「途中から『今日は勝てるんだな』という気持ちになった」
【ナビスコカップ決勝】30分に起きた「西野→岩下」のCB“ドタバタ”交代劇。長谷川監督と岩下が舞台裏を明かす
【ナビスコカップ決勝】“9.1パーセント”に懸けたG大阪の「不敗神話」が終焉。遠藤と今野も「負けるべくして負けた」と敗北を甘受

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ